teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秋季リーグ戦 順位決定戦について

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年12月 2日(木)15時32分51秒
  順位決定戦についてご連絡させて頂きます。
会場の確保や日程調整が難航しておりましたが、以下の日程での開催が決定しました。

日程      12月5日  (日)
会場      横浜国立大学
対戦校   武蔵大学

感染症対策の観点から全試合無観客での実施となるため、会場にはお越しいただけませんこと、ご了承ください。

今期の集大成となる大会になります。
チーム一丸となり戦ってまいりますので応援の程よろしくお願いいたします。
 
 

秋季リーグ戦 結果報告

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年11月19日(金)16時24分42秒
編集済
  11月14日に行われました秋季リーグ試合の結果を報告致します。


第1試合
東京大学●0-2○朝鮮大学(20-25, 14-25)

第一セットは序盤に相手レフトのコースを狙ったサーブに乱されこちら側の攻撃が決まらず大きくリードされますが、中盤後藤のスパイクが連続で決まり点差を縮めます。その後も相手の強いスパイクや速攻攻撃に対して星野や日野原のレシーブで粘りましたが、終盤はスパイクミスが続きブレイクを取れず、このセットを落としました。第二セットは調子を上げた相手レフトの鋭いスパイクと奥を狙ったサーブに崩され、こちら側の攻撃が中々決まらないまま大きく点差を離されます。終盤、マッチポイントを取られてから六連続得点とこちら側も粘りを見せますが、最後は相手のスパイクが決まり、この試合に敗北しました。


<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田2年森、セッター4年安田、ライト2年澤田、リベロ2年星野という布陣で挑みました。

第一セット、日野原の連続スパイク得点から幸先よく始まり、5-5と同点になりますがその後相手レフトのコースを狙ったサーブに思うように攻撃ができず、相手の得点を許し、5-12まで点差を離されます。後藤のフェイント攻撃で流れを切り、その後も後藤の緩急をつけたスパイクで12-16まで追いつきます。しかし終盤、こちら側のスパイクミスが連続し失点を許します。澤田のサービスエースが決まり、黒田のフェイント攻撃で粘りますが追いつくことはできず20-25でこのセットを落としました。


第二セットも第一セットと同じ布陣で臨みました。
序盤、相手のサーブが走り失点を許し3-8と点差を離されます。その後、相手のレフトの鋭いスパイクやセンターからの速攻に対し、星野や日野原がレシーブで粘り、こちらもライトからの澤田のスパイクで応戦します。しかし相手レフトのサーブで崩され、なかなかこちら側のリズムを作れず5-13と差を広げられ、タイムを取ります。タイム明けも相手校のサーブの勢いは続き、サービスエースを取られるなど一気に8-24まで追い込まれます。しかし黒田のブロックで流れを切り、そのあとの黒田の安定した奥を狙うサーブで相手のミスを誘い、6連続得点をします。しかし、粘りを見せたものの追いつくことはできず 14-25でこのセットを落とし、この試合に敗北しました。


第2試合
東京大学○2ー0●帝京大学 (25-21,25-4)

第一セット、序盤に森の鋭いスパイクで流れをつかみ、安定した星野のレシーブから後藤や黒田のスパイクが決まり点差を離します。終盤スパイクミスが連続し相手に点差を詰められたものの、最終的には一度もリードを許さずこのセットを取りました。第二セット、序盤からセンター攻撃が決まり、安田や日野原のサービスエースで勢いをつけ相手に得点を許さないまま一気に終盤まで持ち込みます。最後は途中交代で投入された井上の好サーブが光り、大差をつけてセットを取りこの試合に勝利しました。

<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田2年森、セッター4年安田、ライト2年澤田、リベロ2年星野という布陣で挑みました。

序盤からサーブで崩し返ってきたチャンスボールを決める、というこちらのやりたい攻撃の形がはまり、5-11と大きくリードします。その後も森のブロックポイントや安定した安田のトスから日野原のコースを狙ったスパイクが決まり10-19で終盤を迎えます。終盤、こちら側のスパイクミスが増え相手の得点を許しますが、途中黒田に代わって投入された1年平野の好サーブもあり、21-25と一度もリードを許さずこのセットを取りました。

第二セットも第一セットと同じ布陣で挑みました。
序盤から安定したサーブレシーブによってスパイカー陣の攻撃が気持ちよく決まります。安田や日野原のサービスエースが決まり、相手に流れを一切渡すことなく20-4で終盤を迎えます。終盤、森に代わり1年井上が投入され、コースを狙ったサーブと安定感のあるレシーブで活躍し、一切相手に得点を許さず25-4でこのセットを取り、この試合に勝利しました。

以上の結果により勝敗は1勝3敗となりました。

その他の試合結果と現在の各大学の勝敗は以下の通りとなります。

都立大学 1勝2敗
朝鮮大学 4勝0敗
帝京大学 0勝3敗
上智大学 3勝1敗

また、順位決定戦の日程ですが現在未定のため決まり次第ご連絡致します。

悔しい結果に終わった秋リーグ初戦から3週間、チームとしてしてはいけないミスに対して厳しく、仲間に対する要求を高く、試合に勝つためにこれまで以上に意識を高めた練習に取り組んできました。結果、秋リーグ戦2日目は優勝校である朝鮮大に敗北したものの、守備攻撃どちらにおいても粘りを見せ、個人個人でもチームとしても良いプレーが沢山見られました。また、対帝京大に対しては最後まで集中力を欠かさず、東大のリズムで試合を展開して、勝利することができました。

残すところは順位決定戦のみとなりますが、現チーム最後の試合に向けてこれからも士気を高めて練習に取り組んでまいります。最後まで応援のほどよろしくお願い致します。
 

秋季リーグ戦 結果速報

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年11月15日(月)17時18分14秒
編集済
  11月14日に行われました秋季リーグ戦の結果を取り急ぎご報告致します。

第一試合
東京大学●0ー2○朝鮮大学 (20-25,14-25)

第一セットは序盤に相手レフトのコースを狙ったサーブに乱されこちら側の攻撃が決まらず大きくリードされますが、中盤後藤のスパイクが連続で決まり点差を縮めます。その後も相手の強いスパイクや速攻攻撃に対して星野や日野原のレシーブで粘りましたが、終盤はスパイクミスが続きブレイクを取れず、このセットを落としました。第二セットは調子を上げた相手レフトの鋭いスパイクと奥を狙ったサーブに崩され、こちら側の攻撃が中々決まらないまま大きく点差を離されます。終盤、マッチポイントを取られてから六連続得点とこちら側も粘りを見せますが、最後は相手のスパイクが決まり、この試合に敗北しました。

第二試合
東京大学○2ー0●帝京大学 (25-21,25-4)
第一セット、序盤に森の鋭いスパイクで流れをつかみ、安定した星野のレシーブから後藤や黒田のスパイクが決まり点差を離します。終盤スパイクミスが連続し相手に点差を詰められたものの、最終的には一度もリードを許さずこのセットを取りました。第二セット、序盤からセンター攻撃が決まり、安田や日野原のサービスエースで勢いをつけ相手に得点を許さないまま一気に終盤まで持ち込みます。最後は途中交代で投入された井上の好サーブが光り、大差をつけてセットを取りこの試合に勝利しました。

詳細な試合結果は後日改めてご報告致します。
応援ありがとうございました。
 

赤門大会・講演会・納会・懇親会のお知らせ

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年11月 1日(月)18時20分57秒
編集済
  赤門大会および講演会・納会・懇親会の開催についてご連絡致します。

赤門大会については現在開催を検討中につき、状況が確定次第ご連絡させていただきます。

講演会・納会・懇親会は、昨年と同じくZoomで行うことになりました(総会も、メール・郵送形式の書面決議で行います)。

日時 12月4日(土)16~20時
会場 オンライン(zoom)


講演会(16時~18時):3名×40分(講演約30分。質疑応答約10分)

〇講演者(講演は下の順番で行います)

・長谷川さん(S58男子部。気象庁長官)               演題:「真鍋氏のノーベル賞と天気予報」

・東條さん(S62女子部。大塚メディカルデバイス社長) 演題:「転職ノススメ?」

・石塚さん(H4男子部。東京海上。在ミャンマー)    演題:「ミャンマーの人々と進出日系企業の苦悩」(仮題)



納会(18時~19時)

○会長、部長挨拶

○海外・地方在住者挨拶

○男女監督、現役紹介



懇親会(19時~20時)

○小グループで互いに会話ができる「懇親会」も開催予定です。

以上宜しくお願い致します。
 

秋季リーグ戦 結果報告

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年10月28日(木)10時56分10秒
編集済
  10月24日に行われました秋季リーグ試合の結果を報告致します。


第1試合
東京大学●0-2○東京都立大学(20-25, 20-25)

第一セット序盤は日野原や後藤のサービスエースで流れをつかみ点差を大きくリードしますが、中盤は相手のエースの攻撃が決まり始め一気に逆転され、森のサービスエースやブロックで粘ったもののこのセットを取りきれませんでした。第二セットは森の三連続ブロックなど好プレーも見られましたが相手の好サーブにこちらのリズムを崩され、リードを保たれたままこのセットを落とし、この試合に敗北しました。

<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田3年水間、セッター4年安田、ライト2年森、リベロ2年星野という布陣で臨みました。

序盤は日野原のサービスエースから始まって後藤や日野原のスパイクが気持ちよく決まり、後藤のサービスエースで10-3と大きくリードします。しかし中盤、相手のコースを狙ったサーブに苦しめられ五連続失点し、11-10と一点差まで追い上げられます。流れを切ったものの相手の強いサーブとエースの高さのある鋭いスパイクに為す術なく13-16と一気に逆転されます。その後は相手の勢いに押されてこちらのミスが目立つようになり、点差を広げられながら終盤を迎えます。終盤、こちらも後藤のスパイクや森のサービスエース、ブロックが決まり点差を縮めたものの追いつくことはできず、20-15でこのセットを落としました。


第二セットも第一セットと同じ布陣で臨みました。
序盤、相手校エースの鋭いスパイクに苦しめられつつも、日野原のコースを狙ったスパイクや森の三連続ブロックで9-6とリードします。しかし中盤、こちらのミススパイクやミスブロックでジリジリと点差を縮められ、相手のサービスエースで12-12と同点に追いつかれます。その後は相手校エースが前衛に上がってきたことで連続得点を許し、サービスエースが追い討ちをかけるように決まり、16-19と逆転されます。その後も追いつくことなく最後は相手校のサービスエースで20-15でこのセットを落とし、この試合に敗北しました。


第2試合
東京大学●0-2○上智大学(10-25, 20-25)

第一セット序盤は日野原、黒田、後藤のスパイクが決まり一進一退の攻防を繰り広げますが、中盤以降は相手の鋭いサーブにこちらのミスが誘発され、大きく点差を広げられてこのセットを落としました。第二セットは序盤はこちらのミスで点差を広げられたものの、その後後藤のスパイクや森のブロックポイント、黒田のサービスエースなどで一気に点差を縮めます。その後も好プレーが見られたものの最後は相手のサーブに崩され思うように攻撃できずこのセットを落とし、この試合に敗北しました。


<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田3年水間、セッター4年安田、ライト2年森、リベロ2年星野という布陣で挑みました。

序盤、相手のサービスエースが決まりますが後藤や日野原のスパイクやブロックで応戦し流れを渡すことなく6-8で中盤を迎えます。しかしその後は相手校の勢いが増していき、安田の安定した二段トスが上がるものの相手校の高いブロックに阻まれ続けそのままの流れで10-25とこのセットを落としました。

第二セットはレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田2年森、セッター4年安田、ライト2年澤田、リベロ2年星野という布陣で挑みました。
序盤は相手校のフェイント攻撃や高さのあるスパイクが決まり3-8と点差が開きます。しかし相手のミスをきっかけに流れを掴み、日野原のスパイク、森のブロック、黒田のサービスエースが次々と決まり9-11まで追い上げます。その後も相手のコースを突くサーブに苦しめられつつも星野の好レシーブで相手の思うような攻撃をさせず、点差を開かれないまま中盤を迎えます。中盤、日野原の好サーブで相手を崩し、安田の安定したトスによって三連続得点をし14-15の一点差まで追い上げます。その後も澤田のサービスエースが決まり一進一退の攻防をしますが、最後は相手のサーブに崩され、こちらの思うような攻撃ができず防戦一方となり、20-25でこのセットを落とし、この試合に敗北しました。


秋リーグ戦初戦はとても悔しい結果となりました。苦しい場面での簡単なミスやサーブで攻めきれず、相手に楽な試合展開になってしまったことが大きな敗因となりました。この反省を活かし気持ちを新たに次の試合に向けて部員一同練習に励んでまいります。引き続き応援よろしくお願い致します。
 

秋季リーグ戦 結果速報

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年10月25日(月)09時51分43秒
編集済
  昨日行われました秋季リーグ試合の結果を取り急ぎご報告いたします。

第1試合
東京大学●0-2○東京都立大学(20-25, 20-25)

第一セット序盤は日野原や後藤のサービスエースで流れをつかみ点差を大きくリードしますが、中盤は相手のエースの攻撃が決まり始め一気に逆転され、森のサービスエースやブロックで粘ったもののこのセットを取りきれませんでした。第二セットは森の三連続ブロックなど好プレーも見られましたが相手の好サーブにこちらのリズムを崩され、リードを保たれたままこのセットを落とし、この試合に敗北しました。


第2試合
東京大学●0-2○上智大学(10-25, 20-25)

第一セット序盤は日野原、黒田、後藤のスパイクが決まり一進一退の攻防を繰り広げますが、中盤以降は相手の鋭いサーブにこちらのミスが誘発され、大きく点差を広げられてこのセットを落としました。第二セットは序盤はこちらのミスで点差を広げられたものの、その後後藤のスパイクや森のブロックポイント、黒田のサービスエースなどで一気に点差を縮めます。その後も好プレーが見られたものの最後は相手のサーブに崩され思うように攻撃できずこのセットを落とし、この試合に敗北しました。

詳細な試合結果は後日改めてご報告致します。
応援ありがとうございました。
 

秋季リーグ戦について

 投稿者:澤田(2年)  投稿日:2021年10月 9日(土)20時38分48秒
  今回のリーグ戦より学連担当になりました、2年の澤田です。よろしくお願いします。

秋季リーグ戦の日程及び組み合わせが確定しましたのでご連絡させて頂きます。



10/24(日) 於 東京大学駒場キャンパス 第二体育館
第一試合 対 都立大学
第二試合 対 上智大学

11/14(日) 於 東京大学駒場キャンパス 第二体育館
第一試合 対 朝鮮大学
第二試合 対 帝京大学


以上4試合となっております。
いずれも第一試合開始時刻は、14時45分を予定しております。
残念ながら、コロナウイルス感染拡大の影響で会場にお越しいただいての応援はできないこととなっておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、順位決定戦につきましては詳しい日時が未定のため、決まり次第ご連絡させていただきます。
良い結果をご報告できますよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。
 

春季リーグ戦代替試合 結果報告

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年 8月 7日(土)11時04分20秒
編集済
  8/1(日)に行われました春季リーグ代替試合の結果をご報告いたします。

第1試合
東京大学●2-0○横浜国立大学(25-19, 20-25,23-25)

第一セットは森のサービスエースや黒田のスパイクで流れを掴み、その後も後藤や日野原のスパイクでリードを維持しセットを取り切りました。第二セットは序盤のスパイクミスにより相手のリードを許しますが、森のサービスエースにより逆転、しかし中盤のミスの連続から相手の逆転を許し、点差を広げられ、日野原のスパイクで同点まで粘ったものの最後はセットを取られました。第3セットは序盤に相手のリードを許し大差をつけられたものの、後藤や黒田のスパイクなどで点差を縮め同点まで粘りましたが最後はセットを取られました。

<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田2年森、セッター3年石川、ライト2年澤田、リベロ2年星野という布陣で臨みました。
序盤は、森のサービスエースをきっかけに7連続得点10-5と大きくリードし、後藤のスパイクや澤田のサービスエースでリードを保ったまま中盤を迎えます。中盤はこちらのミスが続き16-14まで点差を詰められますが、日野原や黒田のスパイクが決まり、25-19でセットを取りきりました。

第2セットも第1セットと同じ布陣で挑みました。序盤にこちらのミスが続き2-5と差をつけられてしまいますが森のサービスエースをきっかけに流れを掴み、5連続得点で9-6と逆転します。しかし中盤に相手の連続得点を許し14-18と逆転されます。日野原のスパイクで悪い流れを断ち切り、森のフェイント攻撃や日野原のサービスエースが決まり、追い上げたものの20-25でこのセットを落としました。

第3セットも同じ布陣で挑みました。序盤は相手のサーブに崩され、いいように攻撃を決められ0-6まで差を広げられます。しかし日野原のスパイクをきっかけにこちらの攻撃が決まり始め、後藤が3連続でスパイクを決め、9-10まで追い上げます。中盤は星野の安定したレシーブから黒田によるセンターからの攻撃がはまり、3連続得点を決め15-15同点まで持ち込みます。終盤は相手のエースの攻撃が決まり17-20と点差を広げられますが澤田のサーブで相手を崩し、21-21と同点まで追いつきます。しかし最後は相手の安定した攻撃にこちらのミスが誘われ、23-25とセットを落とし、この試合に敗北しました。


第2試合
東京大学○2-0●東京都立大学(25-13, 25-18)

第一セット序盤は一進一退の試合展開をしますが、中盤の後藤のサービスエースにより流れをつかみ、そこから1度もリードを許すことなくセットを取りました。第二セットは日野原、森、後藤のサーブで有利な展開をつかみ、差を縮められることなくリードを守りきり、セットをとりました。

<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト4年日野原3年後藤、センター4年黒田3年水間、セッター3年石川、ライト2年森、リベロ2年星野という布陣で臨みました。
序盤、互いにミスが続き6-6まで差がつきませんが森や後藤のサービスエースで一気に点を稼ぎ、13-7まで差を広げます。その後も中盤、黒田のフェイント攻撃や日野原の攻撃が決まり18-10と点差を縮められることなく終盤を迎えます。その後も星野の安定したレシーブから後藤や水間のスパイクが気持ちよく決まり、追い討ちをかけるように森のサービスエースが決まって25-13と大差をつけてこのセットを取りました。

第二セットも第一セットと同じ布陣で挑みました。序盤は日野原のサーブで崩し後藤のスパイクで点を取るというこちらの狙い通りの攻撃が決まり8-5となりますが、その後こちらのミスが続き10-9まで差を縮められます。しかし中盤、森や後藤のサービスエースをきっかけにこちらの攻撃が決まるようになり16-11と点差を広げます。その後も黒田や森のスパイクが決まり、点差を詰められることなく25-18でセットを取り、この試合に勝利しました。

代替わり後初めての対外試合は一勝一敗という結果になりました。課題として取り組んできた攻めるサーブと精度の高いサーブの使い分け、二段トスの精度などで練習の成果が見られた部分も沢山ありました。一方で最後の最後に粘り負けてしまうなど今一歩及ばない部分があると痛感させられた結果でもありました。この悔しさをバネに秋季リーグまで更なる飛躍を目指し、練習に励んで参ります。
代替試合という形ではありましたがたくさんのご声援誠にありがとうございました。今後とも女子バレーボール部へのご支援、ご指導のほど宜しくお願いします。
 

春季リーグ代替戦 結果速報

 投稿者:石川(副務)  投稿日:2021年 8月 1日(日)21時54分38秒
編集済
  本日行われました春季リーグ代替試合の結果を取り急ぎご報告いたします。


第1試合
東京大学●2-0○横浜国立大学(25-19, 20-25,23-25)

第一セットは森のサービスエースや黒田のスパイクで流れを掴み、その後も後藤や日野原のスパイクでリードを維持しセットを取り切りました。第二セットは序盤のスパイクミスにより相手のリードを許しますが、森のサービスエースにより逆転、しかし中盤のミスの連続から相手の逆転を許し、点差を広げられ、日野原のスパイクで同点まで粘ったものの最後はセットを取られました。第3セットは序盤に相手のリードを許し大差をつけられたものの、後藤や黒田のスパイクなどで点差を縮め同点まで粘りましたが最後はセットを取られました。


第2試合
東京大学○2-0●東京都立大学(25-13, 25-18)

第一セット序盤は一進一退の試合展開をしますが、中盤の後藤のサービスエースにより流れをつかみ、そこから1度もリードを許すことなくセットを取りました。第二セットは日野原、森、後藤のサーブで有利な展開をつかみ、差を縮められることなくリードを守りきり、セットをとりました。


詳細な試合結果は後日改めてご報告致します。
応援ありがとうございました。
 

山下先輩

 投稿者:黒田(主務)  投稿日:2021年 7月26日(月)18時27分19秒
  激励のお言葉、ありがとうございます。

たびたび緊急事態宣言が発出され、感染収束の見通しが未だ立たない状況のなか、非公式ではありますが他校との試合が開催できること、とても貴重な機会だと大変嬉しく思っております。

東大においても、学生へのワクチン接種が始まりました。ワクチンの普及とともに感染が収束し、秋には公式戦が行われることを部員一同願っております。

今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。
 

頑張って楽しんで!!

 投稿者:S51卒 ダル  投稿日:2021年 7月26日(月)11時35分23秒
  長くコロナの影響が続く中、めげずに練習してきた皆さんを応援しています!!

私の所属する家庭婦人チームは昨年2月までは週2回練習して、毎月どこかの大会に出ていましたが、3~10月まで体育館使えず、やっと11月に練習再開したけど、また緊急事態宣言が出て12月から今年6月まで体育館使えず活動休止、、、
今月から土日の昼間だけ体育館が使えるようになりましたが、他の団体との競合あり、7月は3回だけ、8月は1回だけ15~17時の2時間だけ練習ができることとなりました。
7カ月ぶりの練習で、しかも昼間のため仕事のある人は参加できず、6人での練習となりましたが、後半3対3のゲームもやって、やっぱりバレーボールは楽しい!!と思いました。
メンバーの中で65歳以上の者、医療・介護関係者、と段々ワクチン接種者も増えてきたので、早く全員がワクチン打って、全面的な活動再開できる日を首を長くして待っています。
 

春季リーグ戦につきまして

 投稿者:黒田(主務)  投稿日:2021年 7月26日(月)09時25分57秒
  春季リーグ戦に関してお知らせいたします。
感染症の拡大により、昇格・降格なしのオープン戦の開催が検討されておりました春季リーグ戦ですが、7月12日より東京都に緊急事態宣言が発出されたため、中止となりました。
しかし、学連が関与しない練習試合としての開催は認められたため、8月1日(日)に横浜国立大学において数校が集まる練習試合を開催いたします。

感染防止対策を徹底し、無観客での開催です。
また、今後の感染状況や緊急事態宣言の次第では中止となる可能性があります。

代替わりしてから初めての対外試合です。半年間の練習の成果を発揮し、勝利に向けて全力を尽くします。
 

練習再開のお知らせ

 投稿者:黒田(主務)  投稿日:2021年 3月 7日(日)21時53分57秒
  緊急事態宣言の発出をうけて1/10(日)より活動を停止しておりましたが、春季リーグ戦がおよそ1ヶ月後に控えているため大学側からの活動許可がおり、3/9(火)より練習を再開することとなりました。

今なお緊急事態宣言下であるため、学内施設の使用は禁止されており、学外施設での活動のみ許可されている状況です。

感染防止対策を徹底し、まずは春季リーグ戦に向けて精一杯練習に取り組んでまいります。

また、春季リーグ戦につきましては詳細が決まり次第お知らせいたします。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 

主務挨拶

 投稿者:黒田(主務)  投稿日:2020年12月10日(木)14時02分20秒
  赤門クラブの先輩方
お世話になっております。3年の黒田由惟と申します。先日の納会でご承認いただき、主務を務めることとなりました。
昨年度は、日々の練習や試合ができることの有り難さを痛感した一年でした。今年度も例年とは違う一年になると思いますが、定期戦の開催に向けて尽力してまいります。至らぬ点も多々あるかとは思いますが、一年間、どうぞ宜しくお願い致します。
 

主将挨拶

 投稿者:日野原(主将)  投稿日:2020年12月10日(木)13時42分55秒
  赤門クラブの先輩方、平素よりお世話になっております。3年の日野原花と申します。
先日の納会でご承認いただき、新年度の主将を務めさせていただきます。
バレーボールができること、そしてそれを支えてくださっている皆様への感謝を忘れず1年間精進いたします。至らぬ点も多々あるかと存じますが、七大戦優勝、4部昇格を達成できるよう頑張りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 

引退のご挨拶

 投稿者:川越(主務)  投稿日:2020年12月 9日(水)23時43分57秒
編集済
  赤門クラブの先輩方
1年間主務を務めさせていただきました川越美花です。
主務として至らぬ点も多々ありましたが、コロナ禍という前例のない状況下で多くの先輩方にご協力いただきましたこと、深く御礼申し上げます。

引退試合となりました秋季リーグ戦代替戦は、無観客試合ではありましたが、多くの先輩方に応援の言葉をいただきました。本当にありがとうございました。リーグ戦や定期戦ができず残念ではありましたが、最高の試合で一年を締めくくれたこと、大変嬉しく思います。

これから私も赤門クラブの一員として、現役の力になれたらと思います。
今後とも女子部並びに東大バレー部をどうぞよろしくお願い致します。
 

引退のご挨拶

 投稿者:望月(主将)  投稿日:2020年12月 9日(水)16時09分18秒
  OBOGの皆様、お世話になっております。
1年間主将を務めさせていただきました望月悠理です。

先日の秋リーグ代替戦をもちまして4年生2名は引退となりました。
今年はコロナの影響で、練習も試合もできないという今までに経験したことのないつらい1年でした。
それでも最後に代替試合という形ではございますが試合を経験することができ、1年間積み重ねたものをすべて出し切り勝利を飾ることができました。
それも多くのサポートをしてくださったOBOGの皆様のおかげです。
1年間、皆様には本当にたくさんのご支援ご声援を頂きました。心より感謝申し上げます。
今後も引き続き後輩たちを応援してくだされば幸いです。

これからは赤門クラブの一員として現役部員をサポートできればと思います。
今後もよろしくお願い致します。
 

秋季リーグ戦代替試合 結果報告

 投稿者:黒田(副務)  投稿日:2020年12月 7日(月)22時23分26秒
編集済
  12/6(日)に行われました秋季リーグ代替試合の結果をご報告致します。


第1試合
東京大学○2-0●上智大学(26-24, 25-14)

第一セット序盤は相手エースの攻撃に苦しめられリードを許しますが、後藤のサービスエースなどで一気に逆転し、その後も一進一退の攻防を繰り広げてセットを取り切りました。第二セットは序盤からサーブで攻め、後藤や望月のスパイクなどでリードを広げ、終始リードを保ったままセットをとりました。


<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト3年日野原2年後藤、センター4年川越3年黒田、セッター3年安田、ライト4年望月、リベロ1年森という布陣で臨みました。
序盤は、高さとパワーのある相手エースに苦しめられ5-9とリードを許します。その後、後藤のサーブで4本のサービスエースを取るなど相手に思うような攻撃をさせず、川越もスパイクを決めて9連続得点で14-9と逆転しました。中盤はこちらのミスが続いて16-15まで点差をつめられますが、日野原のコースをつくスパイクと好サーブで相手の流れを断ち切り、再び22-18までリードします。終盤は相手に4本のサービスエースを許し、デュースまで持ち込まれますが、日野原の緩急をつけた攻撃で点を取り返し、26-24でこのセットを取り切りました。

第二セットも第一セットと同じ布陣で臨みました。
序盤に後藤、川越、安田のサービスエースなどで8-2とリードします。中盤も安田の安定したトスから後藤や望月の鋭いスパイクで、15-4と大きく点差を広げます。相手の高いブロックに阻まれる場面もありましたが、望月のバックアタックなど多彩な攻撃で相手を翻弄し、さらに23-8まで点差を広げます。ここから相手も粘りを見せ、エースの強打が決まり始めますが、最後は日野原がコースを狙い澄ましたスパイクを決め、25-14と大差でセットを取ってこの試合に勝利しました。



第2試合
東京大学○2-0●玉川大学(25-19, 25-21)

第一セット序盤は相手の鋭いサーブに乱される場面もありますが、黒田や後藤のスパイクで応戦し、一度もリードを許すことなくセットをとりました。
第二セットは序盤から川越のスパイクなどで勢いに乗り、途中、相手のブロックを利用した攻撃で粘られますがリードを守りきり、セットをとりました。


<試合内容詳細>
第一セット、東大はレフト3年日野原2年後藤、センター4年川越3年黒田、セッター3年安田、ライト4年望月、リベロ1年森という布陣で臨みました。
序盤、川越の好サーブで相手を崩し5-0と幸先の良いスタートを切りますが、相手のコースを突く鋭いサーブに苦しめられ、9-8まで追い上げられます。中盤は望月、後藤のサービスエースで流れを引き寄せ、安田のツーアタックもあって18-10と引き離します。その後は相手の鋭いスパイクを望月を中心に粘り強く上げ、こちらも日野原の緩急をつけた攻撃で応戦し、一進一退の攻防を繰り返します。終盤に、相手センターの速攻などで4連続得点を許し、23-19となったところでタイムアウトを取って仕切り直し、25-19でこのセットを取りました。

第二セットも第一セットと同じ布陣で臨みました。
序盤に川越のスパイク、後藤のサービスエースで勢いに乗りますが、相手の速いトス回しに翻弄され6-6と並ばれます。その後、黒田のフェイントから徐々に流れを取り戻し、後藤や川越の速攻などで6連続得点し、15-7と点差を広げます。中盤は、相手の高さのある鋭いスパイクやブロックを利用した攻撃が決まり出し徐々に点差を詰められますが、こちらも望月のバックアタックなどで取り返し、20-16と粘ります。終盤には後藤の好ブロックもあり、序盤でつけた点差を守って25-21で逃げ切り、この試合に勝利しました。



久しぶりの対外試合であり、4年生の引退試合となった秋季リーグ戦代替試合を、2試合とも勝利で飾ることができました。一年間、重点的に取り組んできたサーブで多くの点数を取り、課題であったサーブレシーブでも大きく崩されることなく、一年間の集大成に相応しい試合を行うことができました。今シーズン、試合がほとんどできなかった分の想いをぶつけ、実力以上のプレーも多く見られました。
無観客試合ではありましたが、多くの先輩方から応援のお言葉をいただきました。本当にありがとうございました。今後とも、女子バレーボール部へのご支援、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 

秋季リーグ戦代替試合 結果速報

 投稿者:黒田(副務)  投稿日:2020年12月 6日(日)22時37分36秒
編集済
  本日行われました秋季リーグ代替試合の結果を取り急ぎご報告いたします。


第1試合
東京大学○2-0●上智大学(26-24, 25-14)

第一セット序盤は相手エースの攻撃に苦しめられリードを許しますが、後藤のサービスエースなどで一気に逆転し、その後も一進一退の攻防を繰り広げてセットを取り切りました。第二セットは序盤からサーブで攻め、後藤や望月のスパイクなどでリードを広げ、終始リードを保ったままセットをとりました。


第2試合
東京大学○2-0●玉川大学(25-19, 25-21)

第一セット序盤は相手の鋭いサーブに乱される場面もありますが、黒田や後藤のスパイクで応戦し、一度もリードを許すことなくセットをとりました。第二セットは序盤から川越のスパイクなどで勢いに乗り、途中、相手のブロックを利用した攻撃で粘られますがリードを守りきり、セットをとりました。


詳細な試合結果は後日改めてご報告致します。
応援ありがとうございました。
 

納会のお知らせ

 投稿者:黒田(副務)  投稿日:2020年12月 3日(木)22時02分19秒
  12月5日(土)の納会についてお知らせ致します。直前のご連絡となってしまい申し訳ございません。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、Zoomを用いたオンラインでの開催となります。講演会、納会、懇親会とも、以前メーリスでお送りした「URL」または「ミーティングID・パスコード」でご参加ください。


①講演会(15時30分~17時30分)
〇講演者
・女子部S51卒山下さん
 演題:「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」
・男子部S59卒森さん
 演題:「中央アジアの星?・ウズベキスタンの国家開発戦略と世銀の役割」
・男子部H11卒知念さん
 演題:「沖縄からみたCOVID-19」(副題:「ぼくのかんがえたさいきょうのコロナたいさく」)

②納会(17時40分~18時40分)
○会長・部長挨拶
○納会参加者(東京在住)挨拶
・山邊さん(S51.男子部)
○「海外・地方在住者」挨拶
・梶尾(新田)さん(S59女子部 在春日井市)
・奥山さん(H12男子部 在台湾)
・三井さん(H27女子部 在ロンドン)
○「若手(OB・OGチーム参加者)」挨拶
・熊越さん(H28男子部)
・荒川さん(H31女子部)
○男子コーチ挨拶
○現役紹介
女子部は不参加のため、女子部の現役紹介は最後にまとめてビデオ形式で行います。

③懇親会(18時40分~19時40分)
○会話がしやすいように、いくつかの小ルームに分けて開催します。小ルームでいろいろな方と会話できます。
 

レンタル掲示板
/58