teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/1020 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

秋季リーグ戦2日目試合結果報告

 投稿者:鈴木(副務)  投稿日:2018年10月 4日(木)08時54分59秒
  通報
  9/30(日)に行われました秋季リーグ戦2日目の結果を報告致します。

第1試合 東京大学 ○ 2-1 ● 武蔵大学 (18-25,25-19,25-14)

第1セットはなかなか本来のペースを出せずに苦戦します。しかし第2セット以降は4年岡本を中心に、スパイカー陣が力強い攻撃だけでなく様々に工夫した攻撃をみせて相手を寄せ付けず、2セットを連取してこの試合に勝利しました。

〈試合内容詳細〉
第1セット、レフト4年岡本1年日野原、センター3年甲斐2年川越、ライト2年望月、セッター3年佐藤、リベロ3年伊藤3年福田という布陣で臨みました。
序盤、4年岡本が緩急をつけた攻撃やブロックで連続得点すると、3年甲斐がサービスエースを奪って4-2とします。しかしそこから自分たちの連携ミスが目立って逆転を許し、15-11となります。4年岡本、3年甲斐が中心となって攻撃を決め、ピンチサーバーとして入った4年荒川が好サーブを見せますが、点差をなかなか詰められず、終盤は相手の連続得点を許して18-25でこのセットを落とします。

あとがない東大は第1セットと同じメンバーで第2セットに臨みます。
相手に先制点こそ許しますが、3年甲斐がスパイクとサーブで連続得点を決め、3年佐藤のサービスエースもあって流れに乗ります。中盤、相手の攻撃も決まり出しますが、4年岡本、1年日野原が中心となって得点を重ね、2年川越のブロックで16-12となります。その後ピンチサーバーの4年荒川がサービスエースで20点目を奪うと、最後はスパイカー陣の4連続得点で25-19としこのセットをとります。

最終セットで勝利をつかみたい東大は第3セットもメンバーを変えずに挑みます。
序盤から4年岡本が高さを活かした攻撃を次々に決め、2年川越の好ブロック、1年日野原、3年甲斐のパワーのあるスパイクなどもあり8-3までリードを広げます。その後も4年岡本を中心に攻撃を組み立てて流れに乗ると、3年佐藤が日本のサービスエースを決め、2年望月の緩急をうまく使った攻撃も決まり9連続得点してさらに相手をリードします。最後まで相手を寄せ付けずに25-14とし、このセットをとってこの試合勝利となりました。


第3試合 東京大学 ● 1-2 ○ 明星大学 (13-25,25-18,22-25)

第1セットを相手エースの強力なスパイクに攻め込まれて落としますが、そこから徐々にペースをつかんでいきます。粘り強いレシーブから1年日野原がコースを狙った攻撃を数多くみせてセットを奪い、最終セットも最後まで競る展開となりましたが、一歩及ばずこの試合はフルセットで敗北となりました。

〈試合内容詳細〉
この日の2戦目となるこの試合第1セット、レフト4年岡本1年日野原、センター3年甲斐2年川越、ライト2年望月、セッター3年佐藤、リベロ3年伊藤3年福田と、第1試合と同じメンバーで臨みます。
序盤から相手の鋭いスパイクやサーブがなかなか繋がらず、苦戦を強いられます。4年岡本と3年甲斐が中心となって攻撃を加えますが、相手の好レシーブに阻まれ連続得点をあげることができません。23-11となった場面でピンチサーバーに4年荒川を起用しますが流れを取り戻すことはできず、最後3年甲斐のスパイクと2年望月のサービスエースで粘りますが13-25でこのセットを落とします。

第2セットも第1セットとメンバーを変えずに挑みます。
1点目は相手のサーブで先制されますが、3年甲斐、2年川越、2年望月が攻撃を決めていき7-5と先行します。その後もサーブで相手を乱し、3年伊藤の好レシーブから4年岡本が中心となって力強いスパイクやブロックで5連続得点をあげて12-6とリードを広げます。その後相手のフェイントに苦しみますが、3年佐藤のサービスエースで流れを取り戻し、1年日野原が中心となって得点を重ねます。ピンチサーバー荒川のサーブではチャンスを活かせずミスが出てしまいますが、最後は4年岡本が連続得点をあげて25-18でこのセットを奪います。

勝利のかかる第3セット、再び同じメンバーで臨みます。
序盤、3年福田が安定したサーブレシーブを見せ、そこから4年岡本が高さを活かして次々と攻撃を決めていきます。3年佐藤のサービスエースで6-2としますが、そこから相手の工夫のある攻撃もあって競る展開となります。1年日野原、3年甲斐のスパイクや2年川越のサービスエースで13点を先に奪うと、ピンチサーバー4年荒川の活躍もあり17-14と相手をリードする展開で終盤に入ります。しかしそこから相手に3本のサービスエースを奪われるなどして19-17と逆転されると相手エースの攻撃に苦しめられ、4年岡本、1年日野原の攻撃を中心に応戦しますが粘り負け、25-22でセットを落としてこの試合敗北となりました。


その他の試合結果は以下の通りです。

第2試合 朝鮮大学 ○ 2-0 ● 上智大学 (25-17,25-18)
第4試合 朝鮮大学 ○ 2-0 ● 武蔵大学(25-11,25-10)


また、残りの試合は以下の通りです。

10/7(日)  於 東京大学駒場キャンパス仮設体育館
10:00第1試合開始
第2試合 対 朝鮮大学
第4試合 対 ウェルネス大学

10/14(日)  順位決定戦  於 学習院大学
詳細は追って連絡致します。


1試合には敗れましたが、1年間の集大成となるリーグ戦にふさわしく、個々の良いプレー、チームの良いところがたくさんみられた次につながる試合になったと思います。
たくさんのご声援をいただきありがとうございました。
現在2勝1敗となり、セット率や得点率次第でまだ昇格の可能性も残されているので、残り2戦で持てる力を全て出し切れるように残りの練習にも励んで参ります。
グループリーグ最終戦となる次戦も駒場キャンパスでの開催ですので、ぜひ会場に足をお運びいただきご声援を賜ることができれば幸いです。応援よろしくお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/1020 《前のページ | 次のページ》
/1020