teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/1024 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

秋季リーグ戦1日目試合結果報告

 投稿者:鈴木(副務)  投稿日:2018年 9月26日(水)07時54分50秒
  通報
  9/23(日)に行われました秋季リーグ戦1日目の結果を報告致します。


第3試合 東京大学 ○ 2-0 ● 上智大学 (25-21,25-18)

今シーズン最後のリーグ戦初戦、4年岡本、3年甲斐が中心となって攻撃を決め、サーブやレシーブでもそれぞれに光るプレーが見られました。終始流れを相手に渡すことなく2セットを連取し、この試合ストレート勝利となりました。


〈試合内容詳細〉
現チーム最後のリーグ戦、初戦となるこの試合第1セット、レフト4年岡本1年日野原、センター3年甲斐2年川越、ライト2年望月、セッター3年佐藤、リベロ3年伊藤3年福田という布陣で臨みました。
開始直後、3年甲斐がブロックとスパイクで得点して先行すると、4年岡本がスパイクとサービスエースで連続して得点を奪います。その後も1年日野原、3年甲斐が次々にスパイクを決め、2年望月のサービスエースで14-9とします。しかしその後相手レフトの攻撃が決まりはじめなかなか点差を離すことができません。ピンチサーバーとして4年荒川を起用しますが、レシーブが上がらず流れに乗り切れません。しかしながら21-20まで追いつかれた場面のタイム明け、4年岡本と1年日野原がバックアタックを含んだ攻撃で連続得点したのをきっかけにリズムをつかみ、25-21でこのセットを取ります。

第2セット、流れにのってストレート勝利を目指す東大はメンバーを変えずに挑みます。
3年甲斐が再びスパイクで先制点をあげると、4年岡本、2年望月のスパイクに加えて、3年甲斐、3年佐藤、4年岡本、2年川越と4人連続のサービスエースが見られ、11-5とリードします。その後なかなかレセプションが上がらず14-11まで追いつかれますが、3年伊藤が粘り強いレシーブを見せ、3年甲斐が緩急をつけた攻撃で3連続得点をあげて流れを取り戻し、20-14となった場面で3年佐藤に代え4年西岡をセッターに起用します。ここから相手エースの攻撃が決まりだしますが、3年福田が好レシーブでつなぎ、1年日野原を中心とした攻撃で点差を詰めさせません。終盤ピンチサーバーとして入った4年荒川にミスが出てしまいますが、最後は3年甲斐、1年日野原のスパイクで勝ちきり、25-18でこのセットを奪ってこの試合ストレート勝利となりました。


普段の練習で磨いてきた個々のプレーが活き、初戦を勝ち抜くことができました。
次戦からも良いプレーを出して勝利につなげられるよう、この試合での課題をより細かく確認して来週までの練習に励んで参ります。


その他の試合結果は以下の通りです。

第1試合 明星大学 ○ 2-0 ● 武蔵大学 (25-22,25-22)
第2試合 ウェルネス大学 ○ 2-0 ● 朝鮮大学 (25-18,26-24)
第3試合 明星大学 ○ 2-1 ● 朝鮮大学 (22-25,25-9,25-12)


また、残りの試合は以下の通りです。

9/30(日)  於 東京大学駒場キャンパス仮設体育館
10:00第1試合開始
第1試合 対 武蔵大学
第3試合 対 明星大学

10/7(日)  於 東京大学駒場キャンパス仮設体育館
10:00第1試合開始
第2試合 対 朝鮮大学
第4試合 対 ウェルネス大学

10/14(日)  順位決定戦  於 学習院大学
詳細は追って連絡致します。


四年生にとって最後のリーグ戦となります。主に駒場キャンパスでの開催となりますので、ぜひ会場にお越しいただきご声援をいただければと思います。
よろしくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:17/1024 《前のページ | 次のページ》
/1024