teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/1008 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

七大戦本戦3日目試合結果報告

 投稿者:鈴木(副務)  投稿日:2018年 8月16日(木)19時56分45秒
  通報
  8/16(木)に行われました七大戦本戦3日目の結果を報告致します。


第1試合 東京大学 ○ 2-1 ● 大阪大学 (27-25,22-25,25-21)

順位を決定づける大一番となるこの試合、終始競り合う展開となり苦しい場面も多くなりましたが、全員で粘り強く繋ぎ、4年岡本を中心にサーブ、スパイクで得点を重ねました。交代で入ったメンバーの活躍もあって勝ちきることができました。

〈試合詳細〉
第1セット、東大はレフト4年岡本1年日野原、センター3年甲斐2年川越、ライト2年望月、セッター3年佐藤、リベロ3年伊藤福田という布陣で臨みました。
開始直後から相手の攻撃に苦しみリードを許します。しかし3年佐藤のサービスエースで5-7とすると4年岡本がスパイクとサーブで連続得点し8-8で追いつきます。その後3年甲斐がブロックやスパイクで活躍し2年川越もスパイクで得点しますが、終盤まで一進一退の攻防となります。ピンチサーバーで入った4年荒川は好サーブを見せますが抜け出せません。しかし最後は4年岡本が連続得点でデュースを制し27-25でこのセットを取ります。

第2セット、東大は第1セットと同じメンバーで挑みます。
序盤から東大は4年岡本、2年望月、1年日野原が順調に得点し7-4とリードします。しかしそこから相手の攻撃に苦しめられ、スパイクミスも続いて14-10とリードされます。ピンチサーバーとして4年荒川が起用されますが流れをつかみきれません。しかし3年甲斐のサービスエースなどで15-15と追いつくと、2年望月も得点を決めます。しかしそこから相手のサーブがなかなか上がらず23-18とされます。ここでピンチサーバーとして入った3年柴崎の好サーブから得点し流れを取り戻し粘りますが、追いつくことはできず25-22でこのセットを落としました。

絶対に落とせない第3セットも東大はメンバーを変えずに臨みます。
序盤、4年岡本のスパイクで3連続得点するなどして6-3までリードします。1年日野原も積極的に攻めますが、中盤でこちらからのミスが続き15-13と逆転されます。この場面で2年川越に代え3年川勝を起用すると、川勝は起用に応え好ブロック、サーブで相手を崩します。21-21と同点になった場面で3年伊藤、3年福田の両リベロの好レシーブから3年甲斐がブロック、スパイクで立て続けに得点を決め25-21でこのセットを取り、この試合勝利となりました。


第5試合 東京大学 ● 0-2 ○ 北海道大学 (27-29,24-26)

両セットともデュースにもつれ込む厳しい試合でした。こちらも4年岡本、1年日野原を中心に効果的な攻撃を展開しましたが、最後に粘りきれず2セットを落としこの試合ストレート負けとなりました。

〈試合詳細〉
第1セット、東大はレフト4年岡本1年日野原、センター3年甲斐2年川越、ライト2年望月、セッター3年佐藤、リベロ3年伊藤福田で臨みます。
はじめは相手に先制されますが、4年岡本のスパイクやブロック、2年望月のスパイクなどで得点し同点に追いつきます。その後2年川越や3年甲斐もスパイクを決めますが、相手の攻撃に苦しめられ競る展開となります。12-16とリードされた場面で1年日野原に代えて入った3年宮原は起用に応え、スパイクやブロックで連続得点し流れを作って21-18とします。しかしそこから相手の攻撃が立て続けに決まると、3年伊藤3年福田の両リベロが粘り4年岡本を中心とした攻撃を試みますが勝ちきれず、29-27でこのセットを落とします。

第2セットも東大は第1セットとメンバーを変えずに挑みます。
序盤から4年岡本のスパイク、1年日野原のサービスエースで連続得点しますが、サーブミスが目立ち流れに乗り切れません。11-15となった場面で1年日野原に代え3年宮原を起用すると、宮原が攻守で活躍を見せ点差を詰めます。ここでピンチサーバーとして4年荒川が入りますが、ミスが出てしまいます。しかし3年甲斐がスパイクで点差を戻すと、1年日野原がコートに戻り、4年岡本とともに中心となって攻撃して24-24まで追いつきますが、最後にはこちらからのスパイクミスで2点を取られ24-26でこのセットを落としこの試合敗北となりました。


以上の結果により、東京大学の現在の勝率は3勝2敗となります。

その他の試合結果及び各大学の勝率は以下の通りです。

第2試合 九州大学 ○ 2-0 ● 京都大学
第3試合 名古屋大学 ○ 2-0 ● 北海道大学
第4試合 大阪大学 ○ 2-0 ● 東北大学
第6試合 名古屋大学 ○ 2-0 ● 京都大学

北海道大学 2勝4敗
東北大学 2勝3敗
東京大学 3勝2敗
名古屋大学 3勝2敗
京都大学 0勝5敗
大阪大学 3勝2敗
九州大学 5勝0敗

明日8/17(金)の本戦4日目最終日は、第3試合 対京都大学、第1試合開始は10時を予定しております。
今日は悔しい結果となってしまいましたが、明日はその思いをバネに、今大会最後の試合を勝利で飾れるように全力で戦ってまいります。応援よろしくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/1008 《前のページ | 次のページ》
/1008