teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/1008 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

七大戦本戦2日目試合結果報告

 投稿者:鈴木(副務)  投稿日:2018年 8月15日(水)21時26分57秒
  通報
  8/15(水)に行われました七大戦本戦2日目の結果をお知らせいたします。


第6試合 東京大学 ○ 2-0 ● 東北大学 (25-17,25-19)

相手センターのクイックなど難しい攻撃もありましたが、サーブで相手を崩しながら、4年岡本をはじめ、2年川越、交代で入ったメンバーの活躍もあってこちらのペースの攻撃が決まり、第3戦目はストレートで勝利することができました。

〈試合詳細〉
第1セット、東京大学はレフト4年岡本1年日野原、センター3年甲斐2年川越、ライト2年望月、セッター3年佐藤、リベロ3年伊藤福田という布陣で挑みます。
序盤、4年岡本が連続得点すると、2年川越が立て続けにブロックやスパイクを決め流れに乗ります。その後も3年甲斐、1年日野原の活躍で11-6までリードしますが、ミスもあり一時は14-11まで点差を詰められます。しかし、ここで3年佐藤のサービスエースのほかピンチサーバーとして起用された4年荒川の好サーブで相手を崩し22-13とします。ここでセッターとして起用された4年西岡のトスがこちらの攻撃のペースをつくって一気に得点し25-17でこのセットをとります。

ストレート勝ちを目指す2セット目も1セット目と同じスターティングメンバーで臨みます。
はじめから4年岡本、2年川越が攻撃を決めていきますが、相手エースの攻撃もあり競る展開となります。しかし中盤、3年甲斐のスパイク、2年川越のブロックを皮切りに5連続得点すると、勢いに乗って15-11までリードを広げます。この場面でセッターとして3年柴崎を起用すると、綺麗に上がったトスから4年岡本、2年望月が多彩な攻撃を見せます。こちらからのミスもあり一時は点差を詰められ22-19となりますが、最後は3年柴崎のサービスエースで25点目を奪い、25-19でこのセットを取ってこの試合勝利となりました。


以上の結果により、現在の勝敗は2勝1敗となりました。

その他の試合結果と現在の各大学の勝敗は以下の通りとなります。

第1試合 北海道大学 ○ 2-0 ● 京都大学
第2試合 九州大学 ○ 2-1 ● 名古屋大学
第3試合 大阪大学 ○ 2-1 ●北海道大学
第4試合 東北大学 ○ 2-0 ● 京都大学
第5試合 九州大学 ○ 2-0 ● 大阪大学

北海道大学 1勝3敗
東北大学 2勝2敗
東京大学 2勝1敗
名古屋大学 1勝2敗
京都大学 0勝3敗
大阪大学 2勝1敗
九州大学 4勝0敗

8/16(水)の本戦3日目は第1試合 対大阪大学、第5試合 対北海道大学です。第1試合開始は10時を予定しております。
1つでも高い最終順位のために1セットも落とせない試合が続きますが、自分たちらしいプレーが出せるよう全員でよい雰囲気を作っていきたいと思います。
応援よろしくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/1008 《前のページ | 次のページ》
/1008