teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:kusukusu  投稿日:2007年11月19日(月)16時39分18秒
  >入道さん
なんか、怪文書みたいな書き込み、有難うございます。
 
 

厚労省が秘密結社化

 投稿者:入道メール  投稿日:2007年11月17日(土)11時33分56秒
  国民各位

かみひとえ

薬害・年金・医療費数年後50兆・防衛省汚職・自殺者3万人・温暖化・・・
国は国民を救うのか?マスコミは真実を伝えているのか?医者は病気を治すのか?
この世・あの世。我好・皆好。優しく正しく・賢くずるく。勝組・負組。
病(不幸)は気から、良心(喜び)以外のかげり(苦しみ)の感情が根本原因。
真実を知り、目覚め気付く、弱き者が国を変える時代です。
厚労省が国民の生殺しを目的に秘密結社化、東京地検特捜が犯人隠匿罪???

「国に、もの申すチャンス。承知後の虚偽公文書記載・総理8回、舛添印2回」
江利川事務次官(柏倉解決)・・・03-3595-3036。東京地検・・・03-3592-5611
江田、家西、川田、姫井、大河原、丸山和・・・03-3581-3111(参議院が国を・・・)
小沢、松本、長妻、渡海、田中、戸井田、赤松、志位、福島、・・・03-3581-5111

平成19年11月15日   「正義は我にあり」何にも仙人 山田俊郎
(姫路住。相生、7月31日生れ63歳) TEL079-253-2456 FAX079-253-5767
URL  http://www5.ocn.ne.jp/~nikko.t/  E-mail  yasuragi@eos.ocn.ne.jp

○みんな人の、心をまるまるまん丸に、どこもかしこもまるくまん丸に・・・木喰
告訴状(15回目)
(平成13年、14年神戸地検特捜。平成16年特121、特捜1034、1044、1157。平成17年
特捜189、397、457、904。平成18年特捜189、277。平成19年特捜168、605。)
平成19年11月15日
告訴人 兵庫県姫路市飾東町豊国1163-38 山田俊郎

被告訴人 東京都千代田区霞ヶ関1丁目2番2号 厚生労働省
     審査管理室、池元伸孝室長補、広瀬誠室長補。前、町田吉夫室長補。
前々、清重室長補。前々々、清水係長。前々々々、市川茂、
磯部総一郎、宮崎敦文。
被告訴人 東京都千代田区霞ヶ関3丁目3番2号 新霞ヶ関ビル6階
     独立行政法人医薬品医療機器総合機構 赤羽裕也、鳥海兼市。
東京地方検察庁検察官殿
告訴人は被告訴人に対し、下記の通り告訴するので厳重に処罰されたい。


〔Ⅰ〕告訴の趣旨
 ・告訴人はピップエレキバン並の医療用具、家庭用電気磁気治療器。神経波磁力線
発生器(以下、本物と言う。)をバイオイーザー(同一商品として販売、以下、偽物
と言う。)を比較既許可品として許認可申請をした。
 ・法令では3ヶ月で許可すべき内容にもかかわらず、薬事法を違反し、実質
的な審査をせず。本物の波形「単純・一重パルス・50Hz」を偽物の波形「複
雑・二重パルス・60Hz」にスリ替え、許可済の偽物の波形を理由とする虚偽公
文書を作成し、不承認とした。
 ・国民の生殺しを目的とした、秘密結社化していると言う理由。
  1、発明者を騙し、許認可無しで販売するよう指導。2、病が癒え売れ過ぎ
ると妨害用の法令、告示118号を作り薬事法違反に貶める。3、偽物が違法
に許可される。4、法改正後も妨害用(現実不可能・ありえない)のJIS、T-2006
を作る。5、行政の不正を正す法律を弄ぶ。(行政不服審査法・情報公開法)
 ・国の犯罪で個人は関係ないと嘯いています。東京地検特捜が犯人隠匿罪で
時効を成立させることなく、真実を明らかにして闇の伝統を変えて下さい。
〔Ⅱ〕告訴の事実
 (1)偽物が法令違反で許可された為、平成12年10月13日兵庫県薬務課に
   本物の医療用具製造許可申請をする。・・・証拠・・・添付資料Ⅰ
  ・法令違反と言う理由
      平成10年3月告示118号「ほぼ正弦波」は、工学の知識があれば、電磁
石(吸着のみ)は許可。パルス(吸着と反発を繰り返す)は承認申請(臨床要)が
必要である。偽物も本物もパルス治療器で、現に本物はパルスの為臨床要と
許可せず、薬事法違反に貶められた前例がある。
 (2)審査管理室より承認申請すると後発医療用具、臨床不要で承認すると指
導があり。(証拠・・・添付資料Ⅱ、審査管理課事務連絡他)
  ・平成13年8月30日審査管理課事務連絡市川で基準(許可)の解釈を回答。
   1、可能な限り単純な波形が連続的に発生する必要がある。
   ※実は本物の波形「単純・一重パルス・50Hz」
   2、(イ)本物の波形はいくつもの波が重なり合って、複雑な波形となって
おり且つ間欠的な二重パルス。(ロ)一秒間に60回(60Hz)出ている。(ハ)波
形が複雑な為(1Hzの波形がどこからどこまでなのか?)
※実は偽物の波形「複雑・二重パルス・60Hz」
(130kHzの抱絡線部分・・・本物、単純・一重パルス・50Hz。偽物、単純・二重パルス・60Hz)
  ・波形で解釈すると、偽物の許可は誤りで、本物こそ許可すべきに成るを
認め「正弦波うんぬんで争うと時間がかかる、世の為人の為に商品を早
く世に出しましょう、承認申請すると後発医療用具、臨床不要で認可で
きる。又基準に合致の県の許可より、厚労省の認可の方が箔がある。」・・・
録音テープあり。
 (3)平成13年9月17日承認申請書を提出すると、犯罪を宣言し実行する。
  ・平成14年4月9日承認申請後の面談で(証拠・・・添付資料Ⅰ、Ⅱ)。目と
頭が狂ったのか、波形の解釈は誤っていないと断言・・・録音テープ有り。
   ・出席、審査管理室市川、宮崎、磯部。審査センター赤羽、鳥海、中井、井出。
(4)虚偽公文書作成、同行使の数々・・・解釈の誤り(波形のスリ替)を理由にする。
   1、差し戻し4回(審査№19・25・27は公訴時効が成立)
    同一性がなく、改良又は新医療用具(クラスⅢ)臨床要(嘘…法令では後発医
療用具(クラスⅡ)臨床不要又偽物の波形を理由にしている。)
   2、不承認(1回目)平成14年12月24日発医薬1224082(審査№30)
    いくつもの波形が重なり合って複雑な波形、周波数が何Hzか判断で
きない。(嘘・・・偽物の波形。一秒間に60回(60Hz)と判断している)
   3、行政不作為異議申立(1回目)平成15年8月27日発薬食0827044。
   ・周波数が何Hzか判断できない(嘘・・・またもやヌケヌケ。と偽物の波形)。
基準に適合していないので既許可品と同一性が認められない(嘘・・・基
準に適合していると回答済。又法令では基準に合致か後発医療用具)比
較対照となる既許可品目を示すことが出来ない(嘘・・・示しているバイオ
イーザーである)別途承認申請を受けると新たな効果が可能であるので
(嘘・・・ピップエレキバン他全ての医療用具が該当する)。
「肩凝りと血行改善」を確認できないことから(嘘・・・規則18条の3、
医学薬学上公知の場合臨床不要。法令で磁気治療器は効能・効果が肩
凝りと血行改善に決まっている)不承認とした。
   4、不承認2回目 平成16年3月31日発薬食0331052(審査№14)
    不承認とした(発医薬1224082)ので不承認とする。
   5、行政不作為異議申立5回。平成16年11月11日発薬食1111042・44.。
    平成18年7月10日発薬食0710038・40。平成19年8月24日発薬食
    0824063。
何れもイタチの最後っ屁で、担当者が転籍寸前に「回答済の為、回答しな
い」と指摘内容を全く無視し、問題を先送り。
   ※・1回目の不承認の決定書、時効成立12月24日。早急に起訴下さい。
    ・総務省の指導で平成14年8月8日・28日付で行政不作為異議申立
     をするも、5年以上回答しないので、7~11回目を行っているが未回
答。やむを得ず、公文書開示請求異議申立をするも11~15回目を内
閣府の諮問に回さなくなりました(違法).。
    ・公文書開示請求異議申立決定書(謄本)参照下さい。
     平成15年12月9日発医薬1209039、1224082。平成16年6月28
日発薬食0628031・32。平成17年1月27日発薬食0127002。3月
25日発薬食0325059・61、11月21日発薬食1121063・65。平成
18年3月8日発薬食0308001。平成19年4月17日発薬食0417049・
50。4月25日発薬発0425029、6月8日発薬食0608039。

〔Ⅲ〕具体的な犯罪の事実
(1)被告人らの、いかなる行為が、犯罪か・・何処で。どのような方法。何をしたか。
 ○医療用具認可申請に対し、虚偽公文書記載の内容。
  1、実質的な審査をしなかった。薬事法14条医薬品等の製造の承認。
   14条の二審査を行う。調査の通知。14条の三指定機関の調査の実施、23
条の五調査の義務等を違反。規則第20条の三による指定調査機関は調査
報告書を作成せず、厚労省は審査報告書を作成しなかった。
(決定書発医薬1224082。発薬食0628031・32、0325059・61。で告白)
  2、平成13年8月1日事務連絡で、単純な波形が連続的(実は本物「単純・
一重パルス・50HZ」)に発生する必要がある。複雑な波形・二重パルス・60HZ(実
は偽物)は臨床要と回答。本物の波形を偽物の波形にスリ替え、スリ替を認め
承認するとの約束を覆し、スリ替えていない、と見え過ぎた嘘をつき、差
し戻し4回、不承認2回、異議申立6回の理由にしている。
  3、法令では磁気治療器は「クラスⅡ・後発」を「クラスⅢ・改良又は新」と明ら
かに破っている。・・・「改良又は新」を決定できる公文書開示請求に対し、
2回に渡り「記載がないのに、ある」として「基準に合致か後発」の記
載のある文章を開示した。
法令、薬発1008、医薬発827、医薬審547、542、713、1043、1677。
告示118JIS、T2006参照。
 ・厚労省審査管理室及び独立行政法人医薬品医療機構(前医薬品医療機器審査
センター・厚労省の一機関)は医療用具承認申請の許認可権を持ち、薬事法、厚生
省令等の法令を熟知・遵守し、指導監督する立場にあり、国家公務員であ
る。又調査・審査・承認をし、その結果を記載した、承認申請の①差し戻
し書。②不承認の決定書。③不承認異議申立て書の決定書(謄本)等は公文書
に当たり、それぞれの、作成権限を有しているものと認められる。薬事法
を違反し実質的な審査をせず、虚偽と法令を違反した内容を公文書に虚偽
を承知で宣言して虚偽記載することは、公務員としての職務を放棄するも
ので、犯行態様は悪質で犯行動機に酌量の余地がない。
 ・独立行政法人医薬品医療機構は、承認申請を受け付けたが、(平成13年9
  月17日(1回目)平成15年10月27日(2回目)。平成13年9月18日調査
  手数料104,100円振込)。承認申請書の差し戻し書4回(審査№19・25・27・
  7)。1回目の不承認の決定書審査№30(発薬食1224082)。不承認異議申立て
  の決定書審査№14(発薬食0331052)。に機構内事務所で、厚労省の命令と
  は言え薬事法(14条・14条の二、三・23条の五)の調査の実施、通知。調査
の義務を放棄し、虚偽と、厚生省令を違反した内容を、虚偽を承知で宣言
して虚偽記載したことは、虚偽公文書作成、同行使(刑法156条)に当たり、
被告人らは作成権限を有しているものと認められる。
 ・厚労省審査管理室は、省内事務所で、不承認の決定書2回発薬食1224082
  (審査№30)。発薬食0331052(審査№14)。不承認異議申立ての決定書(謄本)6
回、発薬食0827044発薬食1111042、発薬食1111044、発薬食0710038、
発薬食0710040。発薬食0824063。に薬事法(14条、14条の二)審査を
行なわなければならないを放棄、虚偽と厚生省令を違反した内容を、虚偽
を承知で宣言して虚偽記載したことは、有印虚偽公文書作成、同行使。(刑
法156)に当たり、被告人らは作成権限を有しているものと認められる。

(2)被告人らが、いついかなる行為に及んだか・・・誰が、何時。
 1、独立行政法人医薬品医療機構の調査・審査を担当する。被告人赤羽、同
  鳥海は順次共謀の上、行使の目的で、承認申請の差し戻し書4回、(①平成
13年12月13日審査№19。②平成14年5月29日審査№25。③平成14年
7月26日審査№27。④平成15年12月5日審査№7)不承認の決定書(1回
目)⑤平成14年12月24日審査№30(発医薬1224082)。不承認異議申立て
の決定書(1回目)。⑥平成16年3月31日審査№14(発薬食0331052)に虚偽
記載して、虚偽公文書作成、同行使。の罪を犯した。
 2、厚労省審査管理室の審査・承認を担当する。被告人市川、同磯部、同宮崎
は順次共謀の上、行使の目的で、この様な形(審査をしなかった)で不承認を
決定するのは異例であると認め(平成17年3月25日発薬食0325059・61
他)、又兵庫県薬務課及び(財)医療機器センター・行政相談室が、法令違反を指
摘するのに(平成13年9月、本発生器はこうすれば許可が取れる他)不承認の決定
書2回、⑦平成14年12月24日発医薬1224082。⑧平成16年3月31日
発薬食0331052。1回目の不承認に対する異議申立ての決定書(謄本)⑨平成
15年8月27日発薬食0827044(解職された臨時代理鈴木俊一名の為無効)、
に虚偽記載して、有印虚偽公文書作成、同行使。の罪を犯した。
 ・同清重、同清水は共謀の上、行使の目的で異議申立ての決定書(謄本)⑩平成
16年11月11日発医薬1111044。2回目の不承認に対する異議申立ての決
定書(謄本)⑪平成16年11月11日発医薬1111042に虚偽記載して有印虚偽
公文書作成、同行使。の罪を犯した。
 ・同町田、同池元、同広瀬は順次共謀の上、行使の目的で異議申立ての決定
書(謄本)⑫平成18年7月10日発薬食0710038、⑬発薬食0710040。
⑭平成19年8月24日発薬食0824063。に虚偽記載して、有印虚偽公文書
作成、同行使の罪を犯した。

(3)被告人ら10名は共謀の上、前記(1)(2)記載の告訴人の、薬事法に基づく権
利の行使を妨害し、法改正後の3回目の医療用具許認可申請を「現実不可
能・ありえないJIS」で、現在も妨害し続け、国民の健康になる権利を奪
うと言う、集団殺人罪に匹敵する巨悪です。
社会的影響を併せ考えると被告人らの刑事責任は重く、許認可が利権とな
る、組織防衛の隠蔽体質の現実に風穴を明けて頂きたい。
〔Ⅳ〕罪名及び罪状
虚偽公文書作成、同行使 刑法156条。薬事法違反14条、23条。
〔Ⅴ〕証拠方法  別紙参照。

http://www5.ocn.ne.jp/~nikko.t/

 

(無題)

 投稿者:kusukusu  投稿日:2007年10月20日(土)21時51分16秒
  >てのりさま
書き込み、どうもです。しかし、うまく対応できなくて、すみません。

>ホッシュジエンの国内ニュースさま
対応の遅れというより、問題が表面化しなければ何もしないのでしょう。役人は。
 

肝炎感染者名入り資料を保管

 投稿者:ホッシュジエンの国内ニュース  投稿日:2007年10月20日(土)18時23分25秒
  血液製剤の投与でC型肝炎ウイルスに感染した400人余りに対し告知が
行われていなかった問題で、厚生労働省が、患者の実名や頭文字などが
書かれた資料を保管していたことがわかりました。個人の特定につながる
資料を持っていながら放置していたことになり、厚生労働省の対応の遅れ
があらためて問われることになりそうです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    毎度の事だが、役人は被害者の実態を
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    出来るだけ少なく見せようとする。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 年金問題でも同じように
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   姑息なマネしてますよね。(・A・#)

07.10.20 NHK「肝炎感染者名入り資料を保管」
http://www.nhk.or.jp/news/2007/10/20/k20071020000102.html
 

mixiが見られるように

 投稿者:てのり  投稿日:2007年10月14日(日)00時13分25秒
  こんばんは.
kusukusuさんの現在の環境でmixiを閲覧出来ないとの事を日記で読みましたが,以下のブラウザをお試しくだされば,Mac OS9などのClassic環境下でもmixiを閲覧する事が出来る様になるようです.
お試しください.

こんばんは.

kusukusuさんの環境でもmixiのブラウジングが出来るブラウザを見つけたのでお報せしますね.

Wazilla
http://wazilla.sourceforge.jp/
このリンク先の

■1.3f: Linux/x86, Solaris2.9/sparc, Solaris2.9-gtk2/sparc, MacOS Classic, Win32(Zip)
ってある中の,“MacOS Classic”だから,このリンクからダウンロードできる
http://downloads.sourceforge.jp/wazilla/4701/wazilla-maco...

Wazilla 1.3っていうブラウザをダウンロードして,これを普段使っているNetscape,Opera,IE,iCabなどとは別にmixi専用ブラウザとして使ってみてください.

これを使えばこれまで通りにmixiを閲覧出来る様になると思います.
 

Re:カナダの慰安婦議決

 投稿者:あずーる  投稿日:2007年 6月16日(土)22時59分54秒
  >でも、なんでカナダで・・? どういう事情でカナダにこの話が飛び火したんだろ・・。

なぜだかわかりませんが、戦時中の日本がアジアでしたことを欧米の学者は研究しているはずですし、カナダと米国はお隣で情報もはいりやすいと思いますから、人権の立場から長く議論していると思います。それに、カナダも移民の国ですから、アジアから移民をうけいれています。

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/

 

Re:カナダの慰安婦議決

 投稿者:kusukusu  投稿日:2007年 6月 4日(月)01時17分40秒
  あずーるさん、書き込み、ありがとうございます。
でも、なんでカナダで・・? どういう事情でカナダにこの話が飛び火したんだろう・・。
 

カナダの慰安婦議決

 投稿者:あずーる  投稿日:2007年 6月 1日(金)00時19分57秒
  KUSUKUSUさん、はらせてください。

安倍首相が日本の国会では「狭義で慰安婦の軍の関与を示す証拠がない。」といっていたのに、抗議行動のさかんなアメリカにいくと、さっさと謝罪してしまいました。
いったい安倍首相は誰に謝ったのか疑問が残ります。

アメリカだけでは、収まらず、カナダの下院でも同じような法案が提出されています。

6月10日締めの署名に協力してもらえると幸いです。
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1614148

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/

 

山田さま

 投稿者:kusukusu  投稿日:2007年 4月12日(木)02時17分16秒
  興味深い内容の書き込み、どうもです。  

厚労省が薬事法を違反

 投稿者:山田 俊郎メール  投稿日:2007年 4月11日(水)10時38分1秒
  安倍総理大臣。薬害被害の会。宮内庁(野村)。内閣府。行政苦情110。東京地検。国会議員
各位。 マスコミ各位。武見副大臣(大矢根・田畑・朝川)。大田大臣官房長(松田・本多・小林・
大西・富永)。高橋医薬食品局長(中澤・中垣・俵木・村上)。井戸兵庫県知事。姫路市長。
安倍総理の天の声で、薬事法違反省が悔い改め、決定が「アベ、コベ」に。
病のない「美しい国」が建国するまで、繰り返すことを宣言します。
平成19年4月1日 厚労省を「正気」に戻す会 山田俊郎
TEL 079-253-2456  FAX 079-253-5767
URL  http://www5.ocn.ne.jp/~nikko.t/   Eメール yasuragi@eos.ocn.ne,jp

11回目の公文書開示請求別紙(ほほえみ・・・で)

磁気治療器、神経波磁力線発生器の医療用具許可申請に対し、薬事法14条の
3(調査の実施)23条の5(調査の義務等)を破り、指定調査機関に調査をしないよ
う命令し、実質的な審査をさせず、法令違反を決意・宣言し「大臣・局長印を
犯罪の道具に」不作為についての不服申立て「14年8月8日・28日付(行政相
談室八木、FAX(9月5日)・・・法令担当と話し合い、審査管理課の違法が問われ
る。審査管理室市川、FAX(11月28日)・・・不服申立ては今年中に回答する。)」
を回答せず。宣言通りの違法な内容(指摘内容を全く無視し、法令を違反)で、差
し戻し4回、不承認2回、異議申立て5回を決定し、行政不服審査法を弄び、
11回公文書虚偽記載する。内閣府情報公開審査会に、情報公開法の公文書開示
請求不服申立て(犯罪を止めさせてくれ)をするも、10回目に、またもや「法令
違反には触れない、文書公開の有無だけ」と、共謀する違法な答申をした。
 国民の命をコントロールする、厚労省(内閣府)は日本一の不作為省で、7年[相談より
13年]に渡り、憐憫の情すら感じる、ムチャクチャ「1、波形(単純・一重・50Hz)と(複
雑・二重・60Hz)と2、審査しなかった。3、法令(医薬審542・・・承認すべきと
言う法令はある、不承認とする法令はない、法令を破る裁量権なない。4、宣言
通りの不承認の理由・・・)を検証すれば、子供でも嘘と法令違反が納得できる」。
を、していることを、国民に知らしめ、解決するまで繰り返す事を宣言します。

(一)公文書開示請求、不服申立ての趣旨及び理由
  ・犯罪を決意・宣言し「大臣印・局長印を道具に」実行した。又内閣府は
   共謀、幇助した。「真相究明」の前厚労副大臣を「決まった事」と抑え込
む等・・・の法治国家と思えない、無法な所行を、承知しているにも関わら
ず、最高責任者である柳澤厚労大臣、安倍総理大臣が、これからも犯罪
を何回繰り返すのか?国民・東京地検・国会議員・マスコミ・・・が事実を知り、
正義の名の下に、動かざるを得ない状況を作り、公文書虚偽記載「2~7
年」を成立させ、法令通りに、神経波磁力線発生器を医療用具として許
可し、国民の健康になる権利を勝ち取る為。
・近々予定される法令違反の、答申(459・465)に対し、厚労省がそのまま
違法の決定をするか、悔い改めるかが、総理大臣、厚労大臣(関与者)承知
で犯罪を繰り返し犯した証拠となる。
大物に物申す栄誉と事の重大さに、感動で、正義が勝利する雄叫びが涌
き上がり、憤りで死亡した発明者他4名に報告できます。
  ・理屈にならない理屈で、法令違反を続けているが、真理(三~六)は永遠
   に不滅である。何れ多くの国民が知り、人生を狂わすことになります。
  ・病が癒え過ぎたと言う以外に、不承認とする納得できる理由があれば説
明下さい。・・・疑問があるのであれば、国費で効果を検証願いたい。
  ・異例な事例で、実質的な審査をしなかった(平成17年3月25日、発薬食
   0325059・61)の決定の如く、7年間の違法「10回の答申(459、465・・・)
      の厚労省の決定(謄本)と11回の公文書虚偽記載」が明確な為、異例に公
文書開示請求を申立てます。
「関与者・・・審査管理課池元。行政相談室井上、星。法令担当本橋、山口。
     情報公開文書室石橋。医薬情報室松元。」

(二)関係する法令(行政不服審査法・・・他)
   第47条1・・・不適合であるときは、決定で当該異議申立てを却下する。
   第47条2・・・事実行為についての・・・理由があるときは・・・決定で・・・
   第50条・・・20日以内に・・・決定で却下する。何らかの行為(犯罪を実行)
        をするか、理由を示す(法令に基づく理由を示していない)
   第51条・・・理由がある時は審査庁(内閣府)は・・・速やかに(一年以上経過)
        ・・・行為を命ずると共に裁決で宣言する(答申する)。
   ・法令、医薬発827、医薬審547、542、713、1043・・・を違反。
   ・行政手続法7条(審査・応答・・・実質的な審査をしなかった)。
    8条(理由の提示・・・嘘と法令違反)9条(情報の提供・・・大臣認証と
    第三者認証の二者択一の判断をしない)を違反。
   ・情報公開法18条・・・行政不服審査法による不服申立ての為「違法が明
らかであれば、法令を守れと」答申する義務がある。
情報公開審査会の回答「法令違反には触れられない、文章開示の有無
しか答申できない」は、情報公開第一条(趣旨)、行政不服審査法第一
条(趣旨)、24条(参加人)、25条(審理の方式)、29条(検証)、31
条(審理手続)、40条(決定)、51条(審査庁の裁決)を違反。・・・

天の声 am plaing「ありのままの私でいなさい。私は遊んでいる。」
    am paing「痛い目に遭うぞ」 praying「祈る、懇願する」
    空揚げされた瀕死の亀→空責任、認めない現実→阿修羅の如く噛め

(三)7年に渡る追究で(行政不服審査法・情報公開法)・・・
   「法が遵守されれば、薬事法違反は不成立。多くの国民が救われた」
  1、個人が認めた自白
   ・審査管理課事務連絡、市川を。誤りと認め、後発で許可すると約束。
    (13年8月)・・・録音テープ有り
   ・「本発生器はこうすれば許可が取れる!」で「基準に合致か後発」と記
載。厚労省の決定は、法令違反と認めている・・・兵庫県四方(平成13
年9月)
   ・「後発」である、厚労省と審査センターが、責任の擦り合いをしている・・・
    (財)医療機器センター久保(平成14年4月11日)
   ・審査センター赤羽(平成14年8月9日)、比較許可品バイオイーザーを再調査、
パルス波で基準に合致していなかった。笠木室長(10月8日)、鳥海(10
月10日)が「厚労省の命令で、審査をしなかった」と断言。
   ・故障が生命の危険に直結しない、「クラス分類Ⅱ・後発医療用具」である。
    審査管理室池元(平成19年2月)。町田、小池(平成18年4月13日)。
  2、公文書で認めた自白(公文書開示請求)
   ○実質的な審査をしなかった。異例。(発薬食0325059・61)
   ○波形で解釈すると基準に合致と既に回答している。
   ・基準「ほぼ正弦波。50又は60Hz。」は、なんら意味がない妨害用。
   ・基準の決定に至る、学問的、常識的、法律的な理由又は公文書はない。
   ・既に承認・・・この性能しかなかった。(嘘・・・偽物のバイオイーザーを含め多
数ある。コスミックPMF-2500、コスモトロン2000S、MPG5、HM204、アルファ201・・・)
   ○医薬審542「後発」以外に「改良又は新」と決定できる法令はない。
   ・不承認の理由「改良又は新・クラス分類Ⅲ」を、記載した公文書の開示請
求に対し、2回に渡り「記載が無いのに、ある」として「基準に合致
か後発・クラス分類Ⅱ」である、と記載のある公文書(医薬審542、1043、
医薬発827)を開示した。
「審査管理課事務連絡、平成12年11月15日岡安、平成13年8月30日市川」
   ・パルスは「基準に合致」せず臨床要と言う法令はない。※パルス時代である。
   ○法令を裁量権で破っても良い、特権を記載した公文書は無い。
    (平成17年12月14日発薬食1214001、平成18年3月8日発薬食0308001)

(四)犯罪を決意・宣言した証拠
  1、偽物、比較許可品バイオイーザーがパルス治療器にも関わらず、政治力で法令(基
準・告示118号・ほぼ正弦波)を破り、規準に合致で許可された為、平成
12年、兵庫県に申請書を提出。・・・平成10年許可せず、薬事法違反に貶
める。
  2、法令(標準事務処理期間3ヶ月)を無視。一年以上放置し、追究すると、
   平成13年8月30日審査管理課事務連絡、市川で回答(基準の解釈)・・・
   ・可能な限り単純な波形が連続的に発生する必要がある。
   ※神経波磁力線発生器はこうなっている。・・・
    「単純な波形が連続的、一重パルス(上弦/下弦2.76)、50Hz」
   ・いくつもの波が重なり合って、複雑な波形となっており、且つ間欠的
な二重パルスである為、基準に合致しているとは考えられない。周波数
は一秒間に60回出ている。
   ※バイオイーザーはこうなっている。・・・
    「複雑で間欠的な二重パルス(上弦/下弦1.075or1.018)、60Hz」
   ・基準告示118号ほぼ正弦波は、業界団体の意見(3万台、30億も売れ、
    神経波の磁気、が人体に作用する治療器は556億の実績がある為、妨
害してくれ)中央薬事審議会の意見(嘘・・・磁気治療器は審議の必要が
ない)を聞き、過去に承認された性能の範囲を規定(嘘・・・バイオイーザー
を始め多数、パルス波の実績がある)パルス波のものについては臨床が必
要(嘘・・・学問的・常識的な理由、法令はない)・・・パルスの時代である。
  3、波形で解釈すると「バイオイーザーは基準に合致せず、神経波磁力線発生器
こそ基準に合致している」・・・になるを認め、バイオイーザーの、後発医療用
具で臨床不要で認可することを、電話で約束する・・・録音テープ有り。
  4、平成14年4月9日承認申請後の審査センターでの面談で・・・
   波形データーーを拡大コピーして示すも、誰が見ても一目瞭然の判断を全員が、
   目と頭が狂って.いるのか「単純、一重、50Hz」を「複雑、二重、60Hz」
と逆に断言する・・・録音テープ有り。
  ※・偽物は本物の基本波に、高周波を追加し「複雑な波形・・・で、二重パルス、
    60Hzに」・・・高周波130KHzの抱絡線部分を曲線で脚色し、ほぼ正弦
波に見せかけている。
   ・工学の知識があれば、多数の波を含む「神経波磁力線発生器(50・100・
    130KHz)バイオイーザー(60・100・5K・130KHz)」パルスの一部の波、
しかも、130KHzの抱絡線部分を曲線で脚色した波(上弦/下弦2.76と
1.075or1.018の違い)で基準の合致を判断すること事態、異常である。
   ・全ての波は正弦波の合成(パルスも正弦波)と言う定義があり、自然界
に正弦波は無く、人間は0.2Gの神経波を出している。

(五)「大臣印・局長印を犯罪の道具」に、実行した証拠
  1、差し戻し4回・・・同一性がなく(嘘・・・偽物と本物が同一性のない訳がな
い・後発医療用具)改良又は新医療用具。・・・医薬審542他に明確に記載。
  2、不承認(1回目)・・・いくつもの波形が重なり合って複雑な波形、周波
数が何Hzか判断できない「宣言通り審査管理課事務連絡の誤り、バイオ
イーザーの波形を、理由にしている」・・・一秒間に50回(50Hz)「目が狂う」。
  3、異議申立て(1回目)・・・周波数が何Hzか判断できない(嘘・・・またも
やヌケヌケと)。基準に適合していないので、既許可品と同一性が認められな
い(嘘・・・基準に適合していると回答済、又法令では後発医療用具)。比
較対照となる既承認品目を示すことができない(嘘・・・示している、バイオ
イーザーである)。別途承認を受けると、新たな効能が可能であるので(嘘
・・・ピップエレキバン他、全ての医療用具が該当する)。「肩凝りと血行改善」
を確認できないことから(嘘・・・磁気治療器は多数臨床があり、法令で効
能・効果が「肩凝りと血行改善」に決まっている)不承認とした等・・・
理屈にならない理屈。「偽物の許可に関与した人物が、臨時代理をし、不
承認とする異常さと、大臣帰朝後の日付の為、法的に無効である」。
  4、不承認(2回目)、異議申立て(4回)の回答は、何れもイタチの最後屁で
担当者が転籍寸前に「回答済の為、回答しないものとする」と指摘内容
を全く無視し、問題を後任に引き継ぐ、無責任なものである。
  5、既に口答、公文書開示請求の公文書で、違法を自白しているにも関わら
ず、法令担当者(本橋)は答える義務がない。法令を作る側には罰則がない。
行政相談室(井上一星)は審査管理室の問題である。審査管理室(池元・違
法である、後発と回答済)は法令違反であっても、決定済の為、回答しな
い。大臣室・局長室は電話すら受け付けない・・・と言う無責任を続けます。
兵庫県薬務課が、厚労省の決定を法令違反と認めており、不承認の理由
「改良又は新医療用具・クラスⅢ(故障が生命の危険に直結する、人工腎臓
並)」を記載した法令はなく(理由もない)。承認すべき理由「基準に合
致と、審査管理課事務連絡で回答済。又、後発医療用具・クラスⅡ(故障が
生命の危険に直結しない、ピップエレキバン並)」を記載した法令はある。
  6、法改正後の3回目の申請をJIS、T2006「入力と同じ正弦波」・・・全く
意味がなく、理論上不可能な、法令とは思えない法令で、第三者認証機関
に圧力をかけ判断させず、この期に及んでも悪質極まりない。

(六)内閣府が共謀し法令違反の答申をした証拠
  ・答申459、465(10回目)で犯罪を百も承知(厚労省が薬事法を違反、1
~45)し、一年以上放置したにも関わらず、今までの答申は違法である
旨の、法令を明記した文書を送付すると、慌てふためいて?到着の日付
(3月26日)の案内文に、同日付の答申書(文書を受け取る前に答申書を交付した)を添付して返却してきた。・・・またもや一年間の問題先送り?。
  ・答申435で、「13頁、中央薬事審議会で審議した。14頁、中央薬事審議
会で審議しなかった」と全く異なる答えを同時に出し、質問すると「ど
ちらでも好きな方を取ってくれ」と無責任極まりない回答をし、厚労省
は謄本の内容とは思えない決定をした。
・答申435,459,465で弁護士同伴の意見陳述を拒否した。又何れも悪魔に
魂を売り渡し、共謀を立証できる内容である。
「関与者・・・情報公開審査会、田宮、山田(大熊、北沢、高橋)」

(七)開示請求する公文書・・・答申459,465は不開示、理由も無し。
   お公務員様であろうとも、無法を繰り返すと何れ裁かれます。
   「法令を守って下さい。法令を守れと答申下さい。」
  1、平成10年8月30日審査管理課事務連絡。波形で解釈すると「バイオイーザ
ーは基準に合致せず、神経波磁力線発生器こそ基準に合致する」と回答済
にも関わらず、同じパルス磁気治療器の類似医療用具、バイオイーザーは「基準
に合致し臨床不要」で、神経波磁力線発生器が「基準に合致せず後発医
療用具でもなく、改良又は新医療用具(クラスⅢ)臨床要」と不合理な決定
に至る法律的・学問的・常識的根拠を記載した公文書又は理由。
  2、家庭用電気磁気治療器は後発医療用具(クラスⅡ)である。と記載がある
のに、後発医療用具でなく改良・新医療用具(クラスⅢ)臨床要と決定でき
る法律に基づく根拠を記載した公文書又は理由。
  3、平成10年3月30日告示118号「基準。ほぼ正弦波。50Hz又は60Hz」
を決定するに当たって、根拠となる理由を記載した公文書。又は理由。
  4、第三者認証(臨床不要)又は大臣認証((臨床要)の何れに、神経波磁
力線発生器は該当するのか、その根拠を記載した公文書。又は理由。

○憂き事の、なおこの上に積もれかし、限り身の力ためさむ・・・熊澤蕃山
 発明者は、日蓮(蕃山、応神天皇・・・)の生まれ変わりと、多くの人が信じて
います。・・・日本国への貢献度は100兆を超える、炊飯器(電気・ガス)、
CTスキャン、簡易テレビ、自動ドアー、嘘発見器・・・他960件発明。
日蓮を殺した、創価一族(坂口、赤松)・・・そんなことはないね?
 

レンタル掲示板
/4