teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


川又先生がご逝去されました

 投稿者:卒業生  投稿日:2017年 1月21日(土)23時05分27秒
  2016年11月21日、川又正智先生がご逝去されました。
本当に寂しいです。ご冥福をお祈りします。
http://jswaa.org/161122-2/
 
 

今年度東洋史講演会

 投稿者:川又正智  投稿日:2016年11月 8日(火)14時01分55秒
  平成28年度東洋史講演会案内

日時: 11月26日(土)15時
場所: 世田谷10号館10329教室
演題: 興味とモチベーション  ー 歴史資料画と歴史情報収集 ー
講師: 児玉智則先生
(イラストレーター、第17回1986.3卒業生、イラスト館たま主人)

昨年に引き続き児玉先輩にお願いしました。学外の方も聴講できます。どうぞおいでください。
 

諸師及諸氏

 投稿者:ズボラ管理人>子育て繁忙/花ノ木@15回卒  投稿日:2016年 1月31日(日)18時29分44秒
  全く行き届ゐてなく、本當に申し訳なくお詫び致します・・・世の中、すっかりFace Bookの時代に突入しておる様ですけれど・・・家業(旅行・観光業界)も不振と云ふのか、まあ手腕の問題が第一であるのですが、そんな訳で10數年振りに教育の切り賣りで糊口を凌ぐ始末にて・・・娘は昨年四月に小1に上がったばかりにて、少子化の都會で一クラスで六年を過ごさねばならず、籤で親にPTA役員にされる等、言い訳の種は多多在る次第。その辺りを御勘案頂ければ幸いです。小生のFBは下のURLですので、これにて御連絡の要在る時は御願い申し上げます。

https://www.facebook.com/toshiro.hanaki.7

 

東洋史講演会・東洋史学総会

 投稿者:こt="ま  投稿日:2015年11月27日(金)07時26分38秒
編集済
  東洋史講演会・東洋史学総会
2015年11月28日(土)13:00より
10号館10329教室

内容はURLのリンク画像を参考にしてください。
http://userimg.teacup.com/userimg/6215.teacup.com/tamasendiri/img/bbs/0000002.jpg

東洋史専攻全学年参加、他学部、学外の方も聴講できます。
会の後には反省会(酒宴)もあります。OBの方は東洋史の先生方やご学友と旧交を温める場になることでしょう。
 

ホームカミングデーと楓門祭

 投稿者:こt="ま  投稿日:2015年11月 2日(月)15時45分58秒
編集済
  川又先生、どうぞよろしくお願いいたします。
不慣れなことで、拙い講演にならないよう、練ってみます。

徳田くん。そうです。こt="まです。ご無沙汰しております。Y本くんの結婚式以来ですね。
明日はホームカミングデーと楓門祭2日目ですが、いかがですか?
https://www.kokushikan.ac.jp/event/other_details_07614.html
2015年11月3日(火・祝)12:00~13:45
会場:国士舘大学世田谷キャンパス メイプルセンチュリーホール3階アリーナ
住所:東京都世田谷区世田谷4-28-1

「卒業後◯◯年」と招待される年度はありますが、年度に拘わらずOBとそのご家族友人ならOKだそうです。
去年、私たちのクラスは司くんと二人でした。卒業生の皆さんに来ていただけると賑やかで嬉しいです。

去年のホームカミングデーの会場には、寛容の精神なのか、入口のチェックが甘いのか、立食パーティーの食事目当てにホームレスの人が3人ほど潜り込んで貪り食べておりました。
総務課の方は、そのあたりの事、如何でしょうか…
 

27年度東洋史講演会案内

 投稿者:川又正智  投稿日:2015年10月30日(金)14時50分47秒
  外部の先生をお招きしての東洋史講演会はいつのころからある行事でしょうか。なつかしく想いだされる方もあるとおもいます。今年度は以下のように計画していますので、お知らせします。
日時: 11月28日(土)14時から
場所: 世田谷10号館10329教室
演題:「 求めるものと情報 」
講師: 児玉智則氏 (イラストレーター、第16回卒業生、イラスト館たま主人)
児玉先輩はイラストレーターとして、歴史画・自然科学関係図等のジャンルで図鑑・教科書資料集・雑誌挿絵など幅ひろく御活躍です。
学外のかたにも公開していますのでどうぞ御参加ください。問い合わせは、kawamtms@kokushikan.ac.jp へ。     川又正智
 

ご無沙汰

 投稿者:16回@徳田  投稿日:2014年12月14日(日)00時44分34秒
  こt="まさん、菅原さん・・・ご無沙汰
ホームカミングデー・・・・知らなかった

浅瀬も元気かな?
出張で金沢行った時に電話では話したんだけど
ところで
こt="まさん
って
こt="まさん?
本当にご無沙汰です
 

ホームカミングデー

 投稿者:こt="ま  投稿日:2014年10月31日(金)20時43分7秒
  菅原君、情報助かりました。
先日、総務課に電話して聞いてみました。
総務課の方によりますと、参加の連絡は31日必着ですが、書類が間に合わなくても、あるいは無くても大丈夫で、
大まかな参加人数を把握するのが目的とのことです。
11月3日、メイプルセンチュリーホール、11:00受付開始/12:00開始。
今回の該当メインゲスト以外の年度の人でも参加OKで、各年度、該当外、それぞれの受付が設けられるそうです。

私たちの頃は、世田谷の学食は、ひとつだけでしたが、今は複数の学食とお店が入っているようですね。
定食なども肉や野菜がたっぷりで、しかも安い。
デフレの影響でしょうか、30数年前より今の方が恵まれてますね。
http://www.kokushikan.ac.jp/current/facility/194900_0235.html#anc01
 

ホームカミングデー

 投稿者:16回 菅原  投稿日:2014年10月28日(火)22時03分59秒
  ご無沙汰しておりました。
11月3日のホームカミングデーの案内が自宅に届いていまして、参加することで投函しました。
31日必着とあります。投函で間に合わないような時などには、大学の総務課が担当していますので直接お電話してみてはいかがでしょうか。
同期の方々は何名参加されるのでしょう。再会できればうれしいです。

9月には近くに用事があったついでに大学を訪ねてきました。
当時、学食にいたお年を召していそうだなと思っていた小柄なあのおばちゃん、記憶にある方もおいでと思います。少しお話ししてきました。90歳になるのだそうですが、あの頃と同じように厨房にいらっしゃいます。
思い切ってお声をかけてみてください。卒業生が懐かしがって声をかけてくれるとおっしゃっていました。
当時のメニューのことを話したりしました。グラタンと大きなソーセージは今の学生の好みに合わないのだそうでおかなくなったそうです。器に入った野菜いためはずっと置いているとか、いろいろお話しできました。
自分もうれしい気持ちになれました。
 

史園 /住んでいた街

 投稿者:こt="ま  投稿日:2014年 8月12日(火)10時33分46秒
  管理人様、連投失礼いたします。

菅原君は直ぐに判りましたよ。圧倒的に皆はファーストネームで呼んでいましたね。

「皇帝らしい人物と、不死鳥」
それは浅瀬君が描いた絵ではないかと思います。勉学に優れているのみならず、絵も達者なのに驚きました。
京劇のいでたちの「美鬚髯」関羽だったかもしれません。
私が表紙を描いた時期の史園は、16回生の卒業に間に合わなかったようなので、
後の人達が号数を書き換えて使ったか、あるいはボツかもしれません。
漢代のお姫様の横顔と汗血馬の絵です。

「2年生までいた街」
「荘」から「寮」に少し名称が変っていますが、私の住んでいた胡○寮とW君の若○寮が残っていたのは、なかなか驚異的。
当時からガタの来た建物でしたが、あれから修築された形跡が見受けられませんね。
3年から住んだ町も駅と周辺が全く別物の様に変貌。でも懐かしい町です。
よく多摩川まで散歩に行きました。

ホームカミングデイ
30年(昭和60年卒)なら、私達の年代ですね。
ただし私は、仕事が半ば始まってしまったのと病気で、卒業が一年遅れてしまったので、昭和61年卒ではあります。
2014年11月3日には、世田谷でしょうか?行ってみようと思います。25年ぶりくらいです。
すっかり爺になりました。出会っても判らないかもしれません(苦笑)
 

史園

 投稿者:16回 菅原  投稿日:2014年 8月 2日(土)12時04分36秒
  こt="ま君、ご無沙汰しています。
名字で呼ばれることは少なかったですから、誰かわかりにくかったかもしれませんね。
おかげさまで元気にしています。
絵を描くのが得意だったから、表紙を頼まれたことがあったのですね。手元にある表紙から該当しそうなのはというと7号かもしれません。皇帝らしい人物と、不死鳥でしょうか描かれています。思い当りますでしょうか。その他の号は大学に保管していただいている史園を見せていただくといいかもしれません。
手書きの史園を手に取ると、学生だった頃がよみがえりますよ。

大学のホームページに、2014年11月3日(月・祝日)ホームカミングデイ12:00~13:45。
今回のメインゲストは、卒業後50年(昭和40年卒)、40年(昭和50年卒)、30年(昭和60年卒)、20年(平成7年卒)、10年(平成17年卒)の卒業生です。とお知らせがあります。
私たちの学年ということでいいのではないでしょうか。
当日は楓門祭も開催中ということで、今年度になってから大学に行けていないこともあるので、なにもなければ参加させていただきたいと計画しています。

昨年、2年生までいた街を歩きました。懐かしかったです。僕のいた棟は解体、その他の2棟は建物が残っていましたが賃貸はしていない様子でした。
鶴川は、卒業後電車で通り過ぎるだけで降りたことはありません。車窓から見る駅前の様子からは当時の面影を感じ取ることができないほど開発が進みましたね。

 

史園

 投稿者:こt="ま  投稿日:2014年 7月30日(水)16時53分44秒
  このような掲示板があるとは知りませんでした。
徳田君、菅原君(ファーストネームの方がピンと来ますが)元気にやっているようですね。

史園に浅瀬君と高尾君は研究発表をしていたのですか。
私は歴史とドイツ語の勉強は好きでしたが、研究を発表するなんて、考えもしませんでした。
情報不足な学生でした。
浅瀬君に頼まれて史園の表紙絵を描いたことがありましたが、あの絵が表紙の号は刊行されたのかな(´-`)?

鶴川キャンパスはだいぶ様変わりしたようですが、世田谷の方にはいつか行ってみたいです。
鶴川学食の独特な味のカレーライスが懐かしい…
 

管理不行届き失禮

 投稿者:ズボラ管理人失格寸前/花ノ木@15回卒  投稿日:2014年 6月 1日(日)11時14分24秒
    ☆川又先生、いつも情報を難有うございます。
  ☆ 16回卒菅原君、投稿難有うございます。近くて遠い大学の卒業生目線の情報は、本當に琴線に触れて日常に埋没する魂を揺さぶって呉れます。「史園」の件の投稿も重ねて感謝致します。
☆1995年卒業 ?長谷川としこ様、投稿難有うございました・・・そして、初めまして。當初は閑人だった管理人なのですが、中年後半にて一女を得て子育てに周辺が纏まらない日日を過ごしておりますので、此処の管理が滞っております。懲りずに投稿して頂けると幸甚です。                                                                                        15回卒で東北福祉大学講師の千葉さーーん@15回卒 君が 奈良出張以後、大垣に用事で二度名古屋へ來て呉れました、先日は大垣の芭蕉の記念館で講演などの用事でお出掛けにて、耐震工事・近代化改装工事でバタバタの拙宅にお泊まり頂き、管理人手製の中華料理を肴に青島啤酒で一盞しました。今年一月六日からの上記の工事がまだ終わらず中中不便をし、稼業も振るわないので閑人道樂者も何かとあくせく人並みに振り回される様になっております。      今やFBの時代なので、此処は古色蒼然としているのですが、FBに仕立て直す閑もなし・・・個人のFBのURLは貼付けておきますので、FBやってみえる方は、御連絡をお待ちしております。2014年6月朔日 愈暑さの始まった名古屋發

http://www.facebook.com/toshiro.hanaki.7

 

購買にて

 投稿者:16回 菅原  投稿日:2014年 3月11日(火)22時25分4秒
  先日大学を訪れた際、購買に寄ってみました。大学を訪れた時には学食と購買には必ず入ります。この前は、数年ぶりに買い物をしました。大学名の入ったボールペンを2本ともう一品です。ボールペンは、胸の内ポケットに入れています。
学食の精養堂には、あのおばちゃんが今でも元気に食事を作ってくれています。声をかけると喜んでくれますし、自分も学生の頃に戻った気分になります。
オープンスクールに合わせて訪れてみるのもいいですね。
 

オープンキャンパス

 投稿者:川又正智  投稿日:2014年 3月10日(月)09時57分55秒
  オープンキャンパスなる行事、昔は無かったものですが、近年各大学競争するように行っています。国士舘大学では、世田谷キャンパスだけで年に5-6回おこないます(鶴川キャンパス―現在は町田キャンパスと称する―と多摩キャンパスでも数回あります)。
この機会に母校を御覧ください。この3月23日(日)にも世田谷であります。門でランチ券付きの案内図をもらって御入場ください。   川又正智
http://www.kokushikan.ac.jp/tagblocks/Admission/news/ADevents/0000005737.html

 

史園

 投稿者:16回 菅原  投稿日:2014年 3月 9日(日)14時11分26秒
  2月27日木曜日昼過ぎ、大学に行ってきました。
懐かしい10号館の階段を上り、校舎に入ってすぐの曲がり角で、お約束はしていませんでしたが、川又先生とお会いすることができました。先生は、東洋史研究室の片づけがあたったため大学にいらしていたそうで、帰宅しようかというタイミングでした。お忙しいところ恐縮でしたが、お言葉に甘えて東洋史研究室に移動していただき、しばらくお話しさせていただきました。
私たちが在学時代にお世話になった斎藤主事がいらしたときに、史園があることを教えていただいていたということで、川又先生から4冊いただいてきています。

第3号 発行日昭和54年7月1日 発行責任者 横山光男 出版責任者 秋元正人
第4号 発行日昭和55年12月   発行責任者 野口卓也 出版責任者 野口卓也
第6号 発行日昭和56年12月9日 編集責任者 坂本久夫 出版責任者 西山春時
第7号 発行日昭和57年12月8日 編集責任者 坂本久夫 出版責任者 西山春時
                              編集 田端久雄 和田徹也 徳田栄治 他
僕の同期で、研究発表しているのは、第7号で2年浅瀬俊和、高尾良能の2名です。(敬称は略させていただきました)

思い出していただいた方もいらっしゃるでしょうか。あるいは、お手元にありますという方もおいでかと思います。
私は、はずかしいことなのですが、学生時代はあまり熱心に勉強していませんでしたので、史園の存在の記憶が中々出てきませんでした。

研究室にはそれ以外の号も卒業アルバムも保管していただいています。
私たちが学生だった頃も、卒業した今でも、お世話になりました先生方は、大切に思ってくださっていることにとてもありがたい気持ちでいっぱいになりました。

どなたかの書き込みをお待ちしています。
 
 

【お礼】1995年度卒業・同期会

 投稿者:長谷川とし子  投稿日:2013年10月15日(火)12時49分50秒
  10月13日(日)に開催いたしました同期会に、先生方、卒業生19人に出席いただきました。
和やかな時間を過ごすことができましたのも、皆様のお陰です。
お忙しい中お集まりいただきまして、どうもありがとうございました。
欠席・宛先不明で連絡を取れなかった方々とは、また次の機会にお目にかかれましたら嬉しく思います。
 

藤田忠教授最終講義

 投稿者:川又正智  投稿日:2013年 2月23日(土)00時52分15秒
  藤田忠教授の最終講義が大学のHPに載っていますので御一報します。下記です。

https://kiss.kokushikan.ac.jp/pages/SFD.aspx?ringid=1&recordid=1004351&branchno=0000
 

藤田教授の最終講義について

 投稿者:16回 菅原  投稿日:2013年 1月24日(木)22時27分33秒
   川又先生、藤田先生の最終講義のご案内ありがとうございます。とても気になっておりました。最終講義の際には大学を訪れたいと考えておりましたが、まことに残念なことに当日は花巻温泉において同窓会岩手県支部総会が開催されることになっております。理事を仰せつかっていることもありそちらを優先せざるを得ないところであります。とても残念でなりません。
 藤田先生のご勇退をお祝いする会等について、卒業生も参加できるような会がございましたならばぜひ教えていただきますようお願いいたします。
 

藤田教授最終講義案内

 投稿者:川又正智  投稿日:2013年 1月23日(水)11時34分41秒
  藤田忠教授最終講義(御定年にともなう行事です)
1月26日(土)10時45分から
世田谷校舎10号館10329教室にて

題目「詩経周頌 農事詩の祭祀について」

   (事前申し込み不要、会費不要)
 

レンタル掲示板
/22