teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:毘沙門天  投稿日:2011年 4月13日(水)22時41分47秒
  169 :日本のニュースは伝えない、連続して3回の爆発原因は何でしょうか:2011/04/13(水) 21:16:14.41 ID:vuDDReXy0

福島第一原発3号機 爆発の瞬間 ( 海外の映像であることに注意 )
→ http://www.youtube.com/watch?v=nw2Aw3komgc&feature=related

映像では3回の爆発音が入っているが、原子炉建屋上部に滞留した水素爆発あるいは
水蒸気爆発なら、“ 間を置かずに “ 連続して3回の爆発が起きることは考えにくい。
これが気体爆発ならその気体が “ 3ヶ所に住み分けて “、3回に分けて爆発したことになり
実に奇妙な話だ。 これは何らかの操作による意図的な爆破ではないか。

福島第一原発3号機爆発の様子 ( 日本のニュースでは3回の爆発音は無し )
→ http://www.youtube.com/watch?v=mRY61nmCPAE
→ http://www.youtube.com/watch?v=jscZT9E5CMg

それにもう一つは、この3回の爆発音の入った映像は海外のニュースからだが、YouTubeに有る
福島第一原発3号機爆発の映像で、日本のニュースと思われるものは “ 申し合わせたように “
爆発音の無い映像ばかりで、それはもはや3回の爆発音を “ 意図的 “ に消しているとしか思えない。


 
 

ついにログ置き場になったか(笑)

 投稿者:アマゾンモグラ@管理人メール  投稿日:2009年 1月31日(土)19時53分25秒
  まったく、たぬきは油断も隙もないな(笑)。
ここは、モグラとこやぎの思い出の場所なのに(笑)。

別に使っても良いようなモンだけど、ログ置きなら「裏モグラ湯」を使ってくれた方が嬉しいような気がする。
強いて止める心算もないけど、なんとなく(笑)。
 

(無題)

 投稿者:たぬき@会社  投稿日:2009年 1月30日(金)14時39分52秒
  16 :名無しさん恐縮です:2009/01/30(金) 11:26:50 ID:KhvKFTse0
【コピペ】TBS窓際放送局社員の独り言 [マスコミ関係コピペ]
TBS(=チョ●支配の朝鮮放送)窓際放送局社員の独り言

(1)1960年代~
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題
(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、
朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に 「お願い」
をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代~
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が
社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」 などと
理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い 日本人幹部だで、
課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代~90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えた ニュース23の番組が学生時代に
学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により 高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」
で徹底的に援護。
宇野総理のスキャンダルを連日報道し社会党党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。
社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。
 

ドロCさんが

 投稿者:アマゾンモグラ@管理人メール  投稿日:2008年11月24日(月)18時38分48秒
編集済
  復活してました(笑)。

割りと元気そうだったんで喜ばしいのですが、コメントは・・・、モグラも嫌われたと思うので止めときましょうか(苦笑)。

時々様子を見に行く程度に、留めておきましょう。
 

ドロC さんとはねえ

 投稿者:アマゾンモグラ@管理人メール  投稿日:2008年 7月24日(木)18時53分37秒
編集済
  たぬちゃん

実は、7月始めに、モグラがちょっとキレた(爆)。

といっても、別に何かを書いた訳じゃないよ。
とあるモグラのコメントへのレスが意味不明だった上に、ちょっと、不愉快だったので、カキコを止めたのね。

ついでに、こやぎ関係のアドは全て「封印フォルダ」作って封印したから覗きにも行ってない。(7日に一回だけ覗いたかな。)
別に、訣別の言葉は書いてないけど、このままだと終わりだと思う。

モグラの読み違いの可能性もあるけど・・・、しょうがないかな。
 

人妻といえば・・・

 投稿者:たぬき@会社  投稿日:2008年 7月24日(木)08時48分10秒
  >人妻好きのモグたん

ドロCの・・・ブログ、また閲覧できなくなってますね。
毎度のことだから驚かないけど、彼女とは音信あるの?
 

mixiの人妻はね

 投稿者:アマゾンモグラ@管理人メール  投稿日:2008年 7月 3日(木)18時13分15秒
  クマとの縁の切り方が酷過ぎると言って縁を切られちゃった(爆)。

勝手に声を掛けてきて、勝手にイメージ作られて、勝手に「そんな人だとは思わなかった」と言われてもねえ(笑)。

で、それがまた一昨日辺りからメッセージが来るようになったんだよ。
禁酒が解けたら、モグラの性格が変わるかも知れないって(爆)。
過去に起こった歴史的事実は変わらないと思うんだけど(笑)。

疲れますわ。たぬちゃん、代わって(笑)。

↓オパーイ
 

残念そうでつね?

 投稿者:たぬき@会社  投稿日:2008年 7月 3日(木)11時59分27秒
  人妻好きのモグたん

 mixiの仲良し人妻、どうしちゃったの?(笑)
遊んであげれば・・・あっ!遊んでもらってたのか!?(爆)
 

気分爽快(笑)

 投稿者:アマゾンモグラ@管理人メール  投稿日:2008年 6月22日(日)07時44分27秒
編集済
  やれやれ、mixiでは、漸く変な人妻と縁が切れたよ参った参った(笑)。
お陰様で今朝の島根は中々爽やかです。もう少しすると大雨になるそうですが(笑)。
気分転換に「掲示板」の掃除でもして歩こう。

ん~、とりあえず「愚痴」書く必要もなくなったし、拾った絵でも貼っておくか。

↓何故か「グロ画像板」で拾った、妙に心を揺する漫画(笑)。
 

「モグラ漫遊記」第十三部~大阪氷雪地獄編~

 投稿者:モグたんMk2@管理人メール  投稿日:2008年 2月26日(火)19時50分54秒
   第五話「終電初体験」

承前

 駅は、すぐ傍だったので数分で到着。
 時刻表を見ると終電は〇〇〇三。慌てて階段を駆け上がる。
 客、流石に少なし。

 〇〇二五鶴橋着。
 早足で乗り換えホームに向い終電を確認する。〇〇四〇発大阪駅止め。
 時間があったので小用を足す。

 夜の電車は速度も速いように感ず。
 到着した大阪駅にて「もう電車はないので、諦めて改札口へ向うように。」とアナウンスされる(笑)。

 念のため新大阪方面のホームに行き確認。
 掃除のおじさんに怪訝そうな顔で見られる。

 諦めて改札を出、構内を彷徨う。
 出会い頭に「ホテル グランヴィア大阪」があったので飛び込むも、フロントのお姉さんに「満席です。」とつれなくされ、更に構内をうろつく。

 時刻は〇一一〇を回り、後4時間ちょっと潰せば始発に乗れるとの考えが浮かぶ。
 直後、通路で横になる自由人のおじさんを発見。
 考えを改め、無駄と思いつつ「新阪急ホテル」に向う。

 〇一二〇「新阪急ホテル」フロント。

モ:「予約してないけど、部屋空いてますか?」
フ:「つい先程、一部屋キャンセルが出ましたので大丈夫です。」
モ:「では、お願いします。」
フ:「はい、では18,000円になりますが、深夜ですので12,000円で結構です。」

 雪空の下で自由人化することを思えば致し方なし。
 そのままチェックインする。

 ボーイに連れられ客室へ。

ボ:「何か、お仕事でしたか?」
モ:「いや、ちょっと寄り合いがあって。」

 部屋に入り時計を見ると〇一三〇。
 銚子2本しか飲んでないので「酔い」が足りないが仕方なし。
 そのまま消灯す。


 と云う具合にして、今回のモグラの旅は終わりを告げたのでした。
 雪さえ降らなきゃなあ(笑)。(まあ、美人の奥さんに二人も会えたからいいか(爆)。)

 「モグラ漫遊記」完
 

レンタル掲示板
/26