teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/404 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1月期ベスト5

 投稿者:デュアン  投稿日:2015年 6月15日(月)23時43分52秒
  通報
  1.「問題のあるレストラン」
……自分が観た坂元裕二作品では、1番好きかも。
ほぼ全てのキャラに感情移入できて、一喜一憂しながらハマって観れた。
日本の社会は女にとってまだまだ抑圧的であるというリアル。
男としていろいろ考えさせられるものはあった。
ただそこで全て男が悪いというフェミニズム的思考停止に陥ってしまったら、元も子もないわけで、このドラマはある程度男の事情も描くことで、男と女の溝をリアルに浮き彫りにしていった。
しかし、個々のキャラクターのドラマにはグッとさせられたけれど、ドラマ全体としては今1つ盛り上がりきらなかったかな、という印象。
「問題のある」レストランがどう問題を克服し、成功していくかという物語の本筋(?)が弱かった気がする。
シェフが不在でも店を普通に営業したり、予約を受け付ける際に天候の問題に触れなかったり(屋根付きの席で、ということかもしれないが)細かい部分で疑問に感じることも少なくなかった。
YOUが弁護士活動を再開する動機づけもちょっと弱かった気がする。
結局、男と女の「闘い」は続いていく――というラストは悪くなかったけれど。

2.「デート」
……ともに頭でっかちのリケジョとニート男のラブストーリー。
二人の際立ってエキセントリックなキャラが面白くありつつも、最初は違和感がないでもなかった。
例えば「リーガルハイ」なら、エキセントリックな主人公に相方が突っ込みを入れることで、いい塩梅の「笑い」に着地させていたけれど、このドラマの場合、そういう突っ込みが弱い感じがあって、何か笑うに笑えないなあ、という印象もあったのだ。
まあ、回を重ねるごとに、主人公二人が互いに突っ込み合うのが、このドラマのスタイルなんだな、と納得できる感じにもなったのだけれど。
オタクネタ、サブカルネタのオンパレードはとても楽しかった。特に「009」ネタは個人的にツボだった。
また、普通のドラマだったらニートを社会復帰させるという「良識」を振りかざすところだが、それをしなかったところにも、このドラマの反骨精神を感じた。

3.「風の峠~銀漢の賦~」
……簡単にいうと、二人の武士と1人の百姓の友情ドラマ。
とはいえ、そこには、武士と百姓の格差の問題、権力の座に就くことの問題、さらには生死の問題などが絡んできて、けっこう複雑でヘヴィな内容。
――なのだが、描写は適度に軽く、わりと気楽に観れたのが好印象。
尤も、最終的には良くも悪くもベタベタな友情ドラマになってしまったかな、という感もなきにしもあらず(?)。
主人公の娘婿を演じた池田鉄洋の好演が光った。
それと泉谷しげるの主題歌がよかった。

4.「山田孝之の東京都北区赤羽」
……一応ドキュメンタリーと銘打っている(?)けれど、ドキュメンタリー風ドラマ、もしくはフェイク・ドキュメンタリーといった印象。
役者としての人生の方向を見失ってしまった山田孝之が、赤羽に住んで、赤羽の人々と触れ合うことで、役者としての自分を取り戻していく――という「ドラマ」として観れる作りになっている。
それでも、ドキュメンタリー的な生々しい描写は、通常のドラマではまず味わえないリアルな感触を伝えてきて、そこが何ともいえず新鮮というか面白かった。
人が何かを為して生きていくことの本質とでもいうべきものが、そこには感じられた。

5.「○○妻」
……ミステリアスな女を「異物」として設定し、その「異物」の視点で社会的モラルを相対化していく、というのが、「女王の教室」や「家政婦のミタ」における遊川和彦の方法論であった。今作もそのパターンを踏襲してはいるのだが、前二作ほどにはミステリアスな吸引力が弱い印象を受けた。
「教師」や「家政婦」と違って、「妻」は身内の存在だから、そういう印象をもってしまったのか。
あるいは、東山紀之演じるジャーナリストの夫が、社会正義を訴える「純粋馬鹿」な存在である分、異物性がそっちに付与されていたせいかもしれない。
そのへんでドラマのアピールポイントが弱まってしまったかな、と。
ラストの柴咲コウの死も、ありがちな「いい話」にしたくないという作り手の思惑が透けて見えるだけで、物語として必然性があったとは思えない。
必然性をもたせるには、あと1話使って、残された夫が、その死をどう乗り越えていくかまで描かないと。

(選外)「怪奇恋愛作戦」
……ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出による、異色のホラー・コメディ(?)。
独特のテイストは確かに面白いのだけれど、これってやっぱり舞台の面白さでドラマとしてはちょっと――という印象がなきにしもあらず。なので(?)途中で脱落。

――以上です。
集計の方よろしくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/404 《前のページ | 次のページ》
/404